正夢

ある女子高生が、

 

学校の帰りに変質者に襲われ

メッタ刺しにされる、

 

という夢を見た。

 

目が覚めても、

 

夢の始めから終わりまで

鮮明に覚えており、

 

次の日に登校しても

記憶は残っていた。

 

そして下校している時、

 

夢と全く同じ状況に差し掛かっている

ことに気づいた。

 

彼女は嫌な予感がしたので、

家族に車で迎えに来てもらうことにした。

 

待ち合わせ場所のコンビニで

雑誌を読んでいて、

 

ふと、顔を上げると、

 

店の外に夢と同じ

変質者が立っていた。

 

変質者はこちらを睨み、

 

「夢と違うじゃねぇか!」

 

と吐き捨てたという・・・。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。

ピックアップ③

アクセスランキング

このページの先頭へ