お葬式の最中にかくれんぼをしていたら

火葬

 

「あと少しでご出棺だから、

じっとしててくれる?」

 

おじいちゃんのお葬式は、

子供の僕たちには退屈だったんだ。

 

お葬式には同い年くらいの

親戚の子がたくさんいた。

 

何回か会った子もいるけれど、

全然知らない子も何人かいた。

 

みんなしてあまりに退屈だったので、

かくれんぼをしようということになった。

 

でも、かくれんぼをしていたら、

お母さんたちにこっぴどく怒られた。

 

他の子たちもみんな怒られている。

 

何でそんなに怒るのかが分からない・・・

 

みんな怒られて落ち込んでいたら、

バスがやって来た。

 

「うちは親戚が多いから、

バスで火葬場まで行くんだよ」

 

と、お母さん。

 

なぜか一人だけ、

バスに乗らないおばさんがいる。

 

慌てたように誰かの名前を呼びながら

走り回っていた。

 

そのままバスは出発。

 

お葬式というものは、

いつもこんなものなのかな。

 

僕ら子供には静かにさせて、

大人はあっちこっちで大騒ぎ。

 

お葬式にお巡りさんまで来ているし。

 

しかも、

 

お巡りさんは僕らにまで

色々と聞いてくる。

 

なんでも、

 

火葬したおじいちゃんの遺骨が

二人分あったとか・・・

 

そんなこと僕らに言われても、

わかるわけないじゃないか。

 

(終)

スポンサーリンク

解説

もうすぐ出棺という頃まで、

かくれんぼをしていた子供たち。

 

その後に、

 

誰かの名前を呼びながら

走り回っていたおばさんがいる。

 

もちろん探していたその誰かとは、

おばさんの子供である。

 

おばさんの子供は出棺の時も、

ずっと棺の中にかくれていた。

 

そしてそのまま火葬の際に、

おじいちゃんと一緒に焼かれてしまった。

 

遺骨が二人分あったのは、

そういうわけである。

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ