語りかける生首

ある男性が通勤のために、

電車を待っていた。

 

すると、自分の背後から

悲鳴が上がった。

 

男性の後ろのホームで、

 

通過する電車に女子高生が

飛び込んだのだ。

 

女子高生の体はバラバラに飛び散り、

 

後ろを見て呆然としている男性の足元へ

彼女の首が転がってきて、

 

その動きを止めた。

 

固まりつつも、

足元の首に男性は視線を落とした。

 

すると、

彼女の生首の目が開き、

 

「見ないで・・・」

 

と呟いたという。

 

検証

はたして、切断された首は

意識を持つのか?

 

という疑問が浮かぶが、

 

現在でもよく分かっていない。

 

実験する機会がないからである。

 

1905年、

ギロチン発祥の国フランスで、

 

医師と死刑囚が、

 

「首を切られた後、

 

私の呼びかけに瞼の上下で

答えてくれ」

 

と約束を交わして、

刑が執行された。

 

切られた首は、

 

ちょうど切断面を地面につける

状態で落ち、

 

唇と瞼が5秒ほど収縮を見せて

動きを止めた後、

 

医師はすぐに死刑囚の

名前を呼んだ。

 

すると、

 

ぎこちない動きながらも

死刑囚の瞼が開き、

 

そして閉じた。

 

医師は2度目の呼びかけを行うと、

 

1度目よりも自然に、

死刑囚の瞼が開いた。

 

しかし、

再び瞼が閉じられると、

 

3度目の呼びかけには

何の反応も見せなかったという。

 

首が切断されても、

 

脳が使える酸素は数十秒分ぐらいは

あるのではないかと考えられているが、

 

なにせ実験する機会も人もいないので、

この話が真実かどうかは分からない。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ