死んだ祖父母が枕元に立つんだけれど

コップ

 

これは、不思議な体験をした話。

 

うちの家系の人間は時々、『亡くなった爺さんや婆さん達が枕元に立つ』ことがある。

 

大抵は夜中に起こされて、「水を持ってきてくれ」と頼まれる。

 

そして台所で水を汲みに行き、戻った頃には居なくなっている。

 

そういう時は爺さん達が寂しがっているんだろうなと思って、墓参りに行ったりする。

 

私も爺ちゃんが亡くなって暫く経った時に、爺ちゃんに起こされた。

 

しかし、私はものすごく寝起きが悪く、爺ちゃんに起こされてもどうにも起き上がれない。

 

私を呼ぶ爺ちゃん。

 

うめく私。

 

呼ぶ爺ちゃん。

 

うめく。

 

(以下略)

 

結局、そのまま寝てしまった・・・。

 

爺ちゃん、ごめんよ。

 

それから1週間くらい経った頃に母から、「爺ちゃんが夢に出てきて○○(私)が心配だ、○○が心配だ、って言ってたよ」と言われた。

 

起こされても起きないような孫でごめんよ、爺ちゃん。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2022年5月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

【特集】過去の年間ランキング

(2020年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2020年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ