生前に母が宣言していたこと

葬式

 

これは、亡くなった母にまつわる話。

 

いわゆる『みえる人』だった母は生前、葬儀社に勤めていた。

 

母曰く、葬儀場では入り口辺りに放心状態で立っている人がいて、見ると搬送されたご遺体の方だったということはよくあったらしい。

 

他にも、自分の葬儀を悲しそうに見る人、自分の遺体に戻ろうとしている人、遺族に必死に話しかける人、パニック状態の人、お焼香した人に丁寧に礼をする人など様々だったと。

 

笑顔で手を振る方も意外に多かったらしいので、それを聞いて私は少し安心した。

 

ちなみに母の葬儀では、生前に「葬儀では笑顔でさよならする。出来るならその時は何かを落として知らせるから」と宣言していた通り、カゴから果物が落ちた。

 

しかも、その話を知っている親戚の時だけに一つずつ。

 

母がそこにいるんだなとみんなが悟り、私達も泣かずに見送ることにした。

 

とはいえ、さすがに火葬場で棺の窓を完全に閉めた時には泣いてしまったけれど。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2020年11月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

【特集】怖い話ランキング

2018年に投稿した怖い話の中で、閲覧数の多かった話を『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
アクセスランキング

このページの先頭へ