大好きだった爺ちゃんが死んだので

ドラクエ

 

大好きだった爺ちゃんが死んだ。

 

94歳まで生きたんだから

大往生だって叔父は言う。

 

通夜が済み、

 

親戚たちが酒を酌み交わし、

 

爺ちゃんの思い出話に

笑いも起きていた。

 

そうした席に、

 

親戚の子供たちも

飽きてきたのだろう。

 

何人かで集まり、

そこらじゅうを走り回っている。

 

そのうちに、

 

爺ちゃんの棺の周りで

ヒソヒソと話し始めた。

 

「ボソボソ・・・」

 

何を言ってるのか、

聞こえない。

 

「ボソボソ・・・」

 

ぼそぼそ言っては、

爺ちゃんの顔をじーっと見つめ、

 

また何かヒソヒソと

話しをしている。

 

まるで儀式のように、

子供たちは両手を上に挙げた。

 

今までぼそぼそとしか

聞こえなかった言葉を、

 

両手を挙げた子供たちは

大きく叫んだ。

 

「ザオリク!」

 

(終)

 

補足

ザオリクとは、

 

ドラゴンクエストシリーズに登場する

呪文の一つである。

 

対象一人を確実に戦闘不能状態から

復帰させる完全蘇生呪文。

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ