山への入口を塞ぐように据えられた棺

棺

 

これは、知り合いが体験した奇妙な話。

 

彼女が友人の田舎へ遊びに行った時のことだ。

 

すぐ近くの山で「イチジクが取れる」と聞いた彼女は、早速友人を案内人に仕立てあげた。

 

麓に差し掛かり、いざ山に入らん、という頃合。

 

後ろから二人を追い越した車が、少し離れた先で停車した。

 

それは霊柩車だった。

 

友人が露骨に顔をしかめる。

 

車背面のドアが開くと、『白い棺』を抱えた黒服姿の数名が降りてきた。

 

彼らを見た彼女は、奇妙な感じを受けた。

 

無表情というか、顔がまったく印象に残らない、そんな男たちだったという。

 

黒服たちは棺を道の上に置くや、車内に引き返していく。

 

そのまま白い物体を置き去りにして、霊柩車は山を登っていった。

 

彼女たちの目の前、山への入口を塞ぐようにそれは据えられていた。

 

思わずポカンとした。

 

この辺りには、棺を野晒しにするおかしな風習でもあるのだろうか?

 

そんな疑問を抱いてしまったという。

 

「帰ろ」

 

そう言って友人が踵を返す。

 

「イチジクは?」と追いすがる彼女に、「今日は諦めなさい」とつれない返事。

 

道すがら聞いたところによると、あれは本当の霊柩車でも葬式でもないという。

 

一体、何者が葬儀の真似事をしているのかは不明だが、とんでもなく縁起が悪い物なのだと聞かされた。

 

それに近寄れば、最悪の場合は命に関わることもあるらしい。

 

「実際に近づいて確認した人の話なんて、最近は聞いたことがないから本当はどうなのかわからないけどね。ただ、あんたが見たいのなら止めないわよ。行っておいで」

 

彼女は振り向き、遠くからそれを見てみた。

 

しかし、道の上に先程まであったはずの棺は、影も形もなくなっていた。

 

「イチジクは明日にする」

 

そう答えて、山を下りたのだという。

 

なんでも、昔は霊柩車ではなくて、黒い人夫が棺を担いで来ては置いていたらしい。

 

「その時その時の流儀を真似ているんだろう。ハイカラだね」

 

友人の家族の間では、ごく普通にそんな会話が成されていたと聞いた。

 

ちなみに翌日、彼女は無事にイチジクを入手できたのだそう。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2023年6月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

【特集】過去の年間ランキング

(2021年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2021年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ