「今、風が吹けばなあ・・・」

女子高生

 

これは、知人が体験した話。

 

それは願掛けをして、山の上のお社で百度祓えをした帰りのこと。

 

緊張感を持続させるべく、大振りのナイフを刃剥き出しに手に持ち、夜中の山道を駆け下りていた。

 

すると、行く先に人影が見えた。

 

老人と、女の子が二人。

 

聞けば、お社にお参りへ行こうとしたが、老人が足を痛めてしまったらしい。

 

彼はナイフを腰にしまい、老人をおぶった。

 

真っ暗な夜の山道、木の根やら何やらに足を取られそうになりながら下山したところ、麓の辺りでふっと背中が軽くなったらしい。

 

見渡せば、それまで付いて来ていた女の子たちもいない。

 

不思議なこともあるものだ、と首を傾げながら彼は家に帰った。

 

そして後日、街中で車に乗っていた時のことだった。

 

信号待ちをしている女子高生たちが見えた。

 

「今、風が吹けばなあ・・・」と彼が思ったその瞬間、突風が吹き、彼女らのスカートが一斉に捲れ上がった。

 

「もしかしたら、あの老人と女の子たちのお礼かもしれない」

 

彼は真面目な顔でそう語っていた。

 

とっぴんぱらりのぷう。

 

※とっぴんぱらりのぷう|参考

物語の締めの言葉として使われる。 意味は「めでたし、めでたし」。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2024年2月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829  

【特集】過去の年間ランキング

(2022年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2022年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ