死んだはずのおじいちゃんが・・・

法要

 

昨日は祖父の四十九日の法要だった。

 

これは、その後の席で祖母から聞いた話。

 

祖父の通夜の晩、座敷に親戚知人が集まり、祖父について色んな話で盛り上がった。

 

だが、客がみんな帰った後、祖母が来客用の座布団を押入れに仕舞おうと襖を開けたまま、「あら~」と言ってそのまま固まっていた。

 

やがて、「あらあら、ごめんなさいねえ」と言って、座布団を仕舞わずに襖を閉めた。

 

その場に残っていた俺たちが「どうしたの?」と聞いても、祖母は「いいえ~」とすました顔で台所へ行ってしまったので、気になった伯父が押入れを開けて確認してみたが、そこには何もなかった。

 

「まさか母さん、親父が死んだショックでボケが始まったんじゃないだろうな?」などと、父や伯父は心配したが、他に変わったことはなかった。

 

そして昨日、祖母があの時のことを打ち明けてくれた。

 

「あの時ふすまを開けたら、死んだはずのおじいちゃんがかしこまってて、私とちょうど目が合って二人ともびっくりしちゃってねえ。

 

でも、おじいちゃんは生きていた頃よく、『俺は死んだらこっそり戻ってきて、みんなが俺のことをどう言ってるか、香典をいくら出したか確かめる』って言ってたのを思い出したんで、『ごめんなさいねえ』って言って閉めたの。

 

おじいちゃんは『いや、こちらこそ失礼』って笑ってたわよ」

 

そんな話を聞いたみんなは、通夜や葬式で滅多なことを言うとヤバイなぁと、一斉に周りを見回していた。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2020年8月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

【特集】怖い話ランキング

2018年に投稿した怖い話の中で、閲覧数の多かった話を『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ