怖 11巻(全20話)

スポンサーリンク

案山子の神様

田舎住まいなので、 通学するときにはいつも 田んぼの脇道を通っていた。   その日も家に帰る為、 いつものように田んぼの脇道を、 カエルの鳴声を聞きながら歩いていた。   すると田んぼの中に、 ピンク・・・

事故現場へ向かう親父の顔

親が道警勤務なので、 事件事故の場合は 親父の出動の方が ニュース速報よりも早い。   だから道内の事件事故の速報は、 恐怖よりも『親父の仕事』のイメージが 強かったりする。   でも、豊浜トンネルの・・・

朝4時の郵便物

一昨年まで、東京の三鷹に住んでた。   アパートの俺の部屋に 朝4時頃になると必ず誰か来て、 郵便受けにバーナーかなんかで 焼いた様な10円が入れられた。   気になって、入れる瞬間を 誰がやってんの・・・

帰り道、目に止まった自販機 2/2

(前編)帰り道、目に止まった自販機 1/2   この話には後日談があってね。 今から二年前、握手から六年後だね。   法事のために田舎に帰省した時ね、 あの時から一度も通った事なかったあの道。 (近道・・・

帰り道、目に止まった自販機 1/2

ごく親しい友人数人にしか 話してない事なんだけどさ、 書いてみる。   友人らにも鼻で笑われたけどね。   オレってば結構?っていう 経験が多いのね。   霊感がどうのとかは、 分かんないけ・・・

夜中の楽しみ中に

俺にはちょっと変な趣味があった。   その趣味って言うのが、 夜中になると家の屋上に出て、 そこから双眼鏡で 自分の住んでいる街を観察すること。   いつもとは違う、静まり返った街を 観察するのが楽し・・・

山上廃墟での肝試しが

俺が今まで生きてきた中で、 一番怖かった体験を話したいと思う。   もう十年以上前の出来事になるが、 当時俺は都内で学生をやっていた。   地元はとある田舎なんだけど、 地元には気心知れた友人が何人か・・・

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2019年5月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ