事故現場へ向かう親父の顔

親が道警勤務なので、

事件事故の場合は

親父の出動の方が

ニュース速報よりも早い。

 

だから道内の事件事故の速報は、

恐怖よりも『親父の仕事』のイメージが

強かったりする。

 

でも、豊浜トンネルの崩落のときは

ちょっと違った。

 

緊急出動を受けて、

スーツに着替える親父の顔が

妙に暗いのだ。

 

着替え途中の親父に、

「今回は何?事件かなんか?」

と聞くと、

 

普段は「言えん」とか、

「あんたに話す必要ない」

と言って、

 

決して出動内容を話さない父親が、

「事故」とだけポツリと言った。

 

そして母親に、

「今回は多分、しばらく帰って来れないわ。

長引く」と言って出て行った。

 

親父が出て行ってしばらくした後、

ニュース速報が出て、

現場の中継を見た瞬間に、

親父のあの表情の理由がわかった。

 

多分、最も初期の時点で

既に生存が絶望的だった、

そんな事故だったんだろう。

 

親父は4日間帰って来なかった。

 

5日目の夕方、

着替えを取りに戻って来た親父に

状況を聞くと、

 

「直撃してる。バスは真下だ。

方法が見つからん。

ほとんどの家族が諦めてる」

と言った。

 

そのあと、

「スコープからの映像は見たの?

中はどんな感じなの」

と質問した。

 

「5センチ」

 

「何が?」

 

「スコープで確認出来た遺体の身長だ」

 

(終)

 

事故現場イメージ画像

当時のニュースによると、『数日がたち現場復帰作業が進みバスが見えバスの厚さは約30センチ程度になっていたと聞きました』とあります。つまり、そこまで圧縮されてしまったのでしょう。

 

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ