持ち出しを禁じられている家宝の一つ

桐の箱

 

僕の家には『家宝』と呼ばれるお宝が『3つ』ある。

 

それらが他人にとって価値あるものかは分からない。

 

1つ目は家系図。

 

約400年前まで遡る家系図は、巻物数十巻に及び、もったいぶった桐の箱に収められている。

 

2つ目は刀。

 

かなり昔、ご先祖さんが武勲を立てた折に殿様から貰ったとか。

 

そして、最後に鏡。

 

鏡と言っても、大昔の銅を磨いた骨董品。

 

日本史などの教科書に載っているような、手の平に乗るほどの大きさ。

 

これまた大層な桐の箱入り。

 

これら3つのお宝には扱い方が決められている。

 

家系図は、その代の本家の家長しか箱から出してはならない。

 

刀は、売るとかなりの値段で売れるが売ってはならない。

 

また、家長が月に一度の手入れをする事。

 

鏡は、仏壇に安置し、毎日その無事を確認する事。

 

決して本家の敷地より外には持ち出さない事。

 

家長といえども、箱から出してはならない。

 

大体こんな感じだ。

 

これからお話しするのは、この中の『銅鏡』について。

 

もし本当なら・・・。

スポンサーリンク

鏡の持つ不思議な効力

その銅鏡は不思議な形をしていた。

 

六角形の台座に、丸い鏡の部分が重なっている。

 

鏡というから覗いてみても、錆びだか細かい傷だかで、ほとんど物を映す力は失われている様だった。

 

しかし、厚さが2センチほどの割に重く、霊験あらたかな感じはしたものだった。

 

※霊験あらたか(れいげんあらたか)

神仏による効験が明らかに表れるさま。神仏が著しく感応するさま。「霊験灼然」(れいげんいやちこ)などとも言う。効験とは、ききめ。効果。

 

小学生の頃、友人らと『珍しいもの自慢大会』があって、放課後に各自お宝を公園に持ち寄った事がある。

 

みんなは玩具っぽい物を持って来たが、僕は件の鏡を持って行った。

 

触るなとは言われていたが、お構い無しだった。

 

結果は、一番宝物らしいという事で僕の優勝。

 

鼻高々で家路に着いた。

 

そして家で待っていたのは、お察しの通り、親父の大目玉。

 

何か変わった事は無かったか、しつこく訊かれ、散々叱られて二度と触らないと約束させられた。

 

自分としては、壊した訳でもないのに納得いかなかったが、一応謝り、決着。

 

許してもらった。

 

それ以降は特別に興味があるでもなく、触る事はなかった。

 

そして去年、僕が20歳の誕生日を迎える頃に親父から呼び出された。

 

大学に入り、親元から離れた場所で暮らしていた僕は、何事かと思いながら実家に帰った。

 

親父は仏壇のある部屋に僕を座らせ、話しを始めた。

 

内容を要約すると、我が家に伝わる家宝の由来と取り扱い方について。

 

うちの家系は代々陰陽道に関係し、主に呪物の管理に当たってきた事。

 

現在ほとんどの呪物は博物館等へ寄贈し、残っていない事。

 

ここまで話し、親父は一息つく。

 

こんなつまらない話をする為に呼んだのかとウンザリしていたが、ようやく終わりか・・・と、ほっとしかけたところで、「さて、ここからが大事なんだが」と再開。

 

いい加減、眠気が差してきたが、いつになく真剣で聞かざるを得ない。

 

親父は、仏壇に安置してある鏡の入った箱をテーブルに置いて再び話し始めた。

 

それはとても信じられない程、現実離れした内容だった。

 

要約する。

 

この銅鏡をなぜ持ち出してはならないのか。

 

理由は、過去3回持ち出され、持ち出した人間が3人とも悲惨な最期を遂げているから。

 

なぜ箱から出してはならないのか。

 

それは、この鏡が『人の死を映す鏡』だから。

 

持ち出された理由もこれだ。

 

最近までは鏡についての禁忌(タブー)は迷信と考えられていたが、30年ほど前の出来事により、固く守らねばならなくなった。

 

30年ほど前・・・、それは僕の叔母(親父の姉)が亡くなった年だ。

 

事故死だったのは聞いていたが、詳しくは教えられていなかった。

 

なんでも、あの鏡はこの土地から離れた所に持って行こうとすると、持ち出した者に対して害を与えるらしい。

 

過去にこの鏡を持ち出そうとした3人は、その害を受けて死んだと伝えられている。

 

最初は、戦国時代に石田三成の配下によって持ち出されている。

 

しかし、関ヶ原の合戦後、三成の死後に戻って来ている。

 

2人目は第二次世界大戦中、国家総動員法に基づく金属回収の際、憲兵が無理矢理に銅鏡を回収しようとして、祖父の目の前でアメリカの機銃掃射に遭い死亡。

 

そして3人目が、実は僕の叔母だった。

 

この鏡は叔母の遺品でもあった。

 

叔母が存命の頃は、鏡の呪いめいた話も迷信として気にかけることもなく、たまに訪問するお客にも気軽に見せていたそうだ。

 

何も映らない珍しい骨董品の鏡として。

 

お盆に大阪から遊びに来ていた叔母が、帰り際に3つの家宝にお辞儀をし、鏡を手に取った時、自分の顔が映ってしまったらしい。

 

その時、叔母は真っ青になり、洗面所の鏡と銅鏡を何回も見比べていたそうだ。

 

そして言った。

 

「家宝に映るあたしの顔が真っ黒なの!」

 

親父は怖がる叔母を気のせいだと宥(なだ)めた。

 

しかし、よっぽど恐ろしいものを見たらしく、パニックは治まらない。

 

京都にある自分が檀家となっているお寺に、この銅鏡を持って行き、お祓いをしてもらうと言う。

 

まあ、掟を破る事にはなるが、それで気が済むならと、親父は銅鏡を貸し出す事に同意した。

 

しかし、親父は同意した事を今でも後悔していると言う。

 

なぜか?

 

それはこの事により、過去最大の呪いをこの銅鏡が発揮したかも知れないからだ。

 

叔母は1985年8月12日18時04分、羽田発伊丹行きの飛行機で飛び立った。

 

あの鏡と一緒に・・・。

 

※参考:日本航空123便墜落事故(wikipedia)

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ