その絵画はすぐにお買い上げされる。だが・・・

絵画

 

私は数年前まで、全国の百貨店を催事で渡り歩く画商をしていました。

 

これは、そこで扱っていた『ある一枚の作品』にまつわる話です。

スポンサーリンク

何かいわくでもあったのか?

はじめに、絵画は値の張る非日用品などで、そう簡単には売れません。

 

通常は何十分、何時間、時には数日がかりでお客様を口説きます。

 

しかし、件の絵は珍しく入荷した途端、コレチョで契約が決まりました。

 

コレチョとは、ほとんど接客せず「コレちょーだい!」でお買い上げされることを指します。

 

が、喜んだのも束の間、翌日にキャンセル。

 

理由を伺うと、身内に急な不幸が起きた為、余計な出費が出来なくなったとのこと。

 

それじゃぁ残念だけど仕方がない・・・ということで、その絵は展示場に戻りました。

 

が、その日のうちに再びコレチョ。

 

しかし、お客様の手元に届いた日にキャンセル。

 

理由を伺うと、奥様が独断で高額の買い物した為、怒ったご主人に離婚を言い渡され、泣く泣く返品とのこと。

 

以後もその絵は『コレチョ→家庭に不幸が起こりキャンセル』を繰り返し、さすがに験が悪いということで倉庫行きになりました。

 

あの絵には何かいわくでもあったのでしょうか。

 

退職してしまった今となっては、あの絵がどうなったのかも分かりません。

 

それに不思議なことがもうひとつ。

 

その絵の作家や額装、サイズ、展示した場所は覚えているのに、どんな絵であったのかが思い出せないのです。

 

まあ、嫌な記憶にフタをしているだけなのかもしれませんが・・・。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2020年4月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

【特集】怖い話ランキング

2018年に投稿した怖い話の中で、閲覧数の多かった話を『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ