誰も居ない道の駅で聞こえた足音

道の駅

 

2005年に旅をしていた時の体験です。

 

当時の私は大学生で、

 

大学の授業をさぼって、

自転車で日本縦断の旅の真っ最中。

 

もちろん一人旅だ。

 

その日は朝から雨で、

 

秋田から山形に向かう道中も

ずっと雨だった。

 

13号線をひたすら南下していたのだが、

 

雨脚が強く、

その日は移動距離を稼げなかった。

 

寝る場所も決めていないまま、

深夜0時になっても私は走り続けていた。

 

さすがに0時過ぎともなると

翌日の移動距離にも響くので、

 

道中のコンビニに立ち寄って

近くの『道の駅』の場所を聞き、

 

そこへ向かう事にした。

 

そして深夜1時を過ぎた頃、

ようやく道の駅に到着した。

 

雨は未だに降り続けており、

 

駐車場にテントを張って寝る事は、

どうやら無理そうだ。

 

小屋の前の屋根下にも

ベンチが設けられているが、

 

横からの雨で濡れてしまうので、

これもパス。

 

秋田なんかの道の駅を利用した事が

ある人は分ると思うが、

 

中部地方の道の駅とは違うところがある。

 

売店等が何も入っていない

ただの『小屋』というか、

 

ドライバーが休憩するためのスペースが

設けられている事が多い。

 

その道の駅にもそのスペースはあり、

 

扉を開けて中に入ると、

木で作られた長机と長椅子がいくつも並び、

 

長距離トラックの運ちゃんが一人、

飯を食べているだけだった。

 

やがて、トラックの運ちゃんも

コンビニ弁当を平らげると、

 

私を一瞥し、出て行ってしまい、

小屋には私以外の人間はいなくなった。

 

※一瞥(いちべつ)

ちらっと見ること。

 

小屋の中には私一人。

 

駐車場に2~3台の車が停まっているが、

他は車の中で寝ているようだ。

 

なので本日はありがたく、

そこで寝かせてもらう事にした。

 

ちなみに辺りは山間部で、

 

道の駅周辺は田んぼ、

反対側は山で街灯も少ない。

 

その小屋は入り口が二つあり、

両方とも鍵はかかっていない状態。

 

普通に何時でも誰でも

出入りが出来る小屋だった。

 

寝る前にトイレに行って、

 

小屋の中に貼られていた

その地域の昔話等を少し見たあと、

 

正面側の入り口手前の長椅子の上に

寝袋を用意し、

 

旅のお供のMDウォークマンを中に入れ、

横になった。

 

しばらく横になったままでいると、

 

急に室内の電気が消え、

真っ暗になった。

 

急に真っ暗になったことにビックリし、

飛び起きると、

 

すぐに電気が点いた。

 

どうやら一晩中、

電気が点きっ放しなのではなく、

 

人が室内に居て動いていると

明かりが点き、

 

人が出て行ったとみなされるくらい

室内で動きがないと明かりが消える、

 

というシステムがあるようだ。

 

その道の駅自体が新しいのか、

小屋も綺麗だったので、

 

「こんなに良い道の駅もあるんだ」

 

と歓心した。

 

寝てしばらくしてまた電気が消えて、

辺りは真っ暗になり、

 

外の街灯の明かりがほのかに

室内を照らす程度になった。

 

椅子の硬さが若干つらいが、

 

「これで眠れる」

 

と思った時、

 

部屋の反対側で『キュッキュッ・・・』

という靴音が聞こえた。

 

(靴底が濡れた状態で、

体育館の床を歩いた時のような音)

 

その瞬間、

 

「誰か入って来た!?」

 

と思い、

 

飛び起きて辺りを見回したが、

誰も居ない。

 

両方の扉も閉まっている。

 

なにより、

 

扉を開けたら音がするから

気づくはずだ。

 

おかしいな・・・とは思いつつも、

誰も居ないのでまた横になる。

 

しばらくして、

また明かりが消える。

 

するとまた、

 

部屋の隅で『キュッキュッ・・・』

という足音がしだす。

 

そこで気づいてしまったのだが、

 

一度目に明かりが消えた時、

私はビックリして起き上がり、

 

部屋の明かりはその動きに反応して、

しっかり点灯した。

 

二度目も誰かが入って来たと思い、

起き上がった。

 

それだけで明かりは点灯した・・・

 

部屋の反対で動き回っているこの足音に、

センサーは反応していない?

 

これだけ激しく動き回っていたのなら、

明かりは点くはずだ。

 

現に私がこの小屋に入ってから

部屋の中をうろうろしている時は、

 

明かりが消えるなんて事はなかった。

 

部屋の明かりは消えたままだ。

 

目を開けて、

部屋の暗さを確認している。

 

だが未だに音は、

部屋の隅から鳴り続けている。

 

「これは・・・もしや・・出た?」

 

そう思った瞬間、

足音は一瞬ピタッと止み・・・

 

次にはどんどん速さを増して、

私の方へと近づいて来た。

 

「うわ!やっぱりそうかよ!!」

 

そう思った時には、

 

足音は私の寝転がる長椅子まで

一気に詰め寄り、

 

その後に長椅子の周りを

かなりの速さでぐるぐる回り続け、

 

ついには取り囲まれてしまった。

 

キュッキュッキュッキュッキュッキュ・・・

 

音はずっと私の周りで鳴っている。

 

長椅子のすぐ前には長机があり、

 

人が素早くそこを通れるスペース

なんてものはない。

 

なにより、

 

この音が私の真正面に来るまで、

目を開いていた。

 

人の嫌がらせや野生の動物なのなら、

これだけの速さで動き回っていれば、

 

息遣い等の反応を感じられるほどの

至近距離だ。

 

だが何も感じない・・・

明かりも点かない・・・

 

直感的に、

 

これは目を開いたらヤラレルと思い、

目をひたすら瞑っていた。

 

だが一向に音は去る気配がない。

 

「これは、もうしょうがない・・・」

 

決心した私は目を瞑ったまま

MDウォークマンを寝袋の中で用意し、

 

素早く装着して音量を最大にした。

 

シカトする事を決意したのである。

 

ただ、MDから流れる音楽越しに

足音は鳴り続けていたが・・・

 

内心は、

 

「勘弁してください!!

俺には何も出来ません!!」

 

と思いながら、

音楽に集中しようとしていた。

 

しばらくすると旅の疲れからか

いつの間にか寝てしまい、

 

朝の日差しで目が覚めた。

 

寝袋から這い出して

昨日の現象を思い出し、

 

自分の周りや体を調べるが、

特に異常は無かった。

 

気味も悪かったので

そそくさと寝袋をしまい、

 

その道の駅を離れた。

 

その後はなんとか無事に

日本中を旅して周り続けたが、

 

特に不思議な現象は起こらなかった。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ