人の背中から生える木が見えると 3/3

木

 

ここまで聞いて、

 

俺は二人にある疑問をぶつけてみたくなり、

彼女にこう聞いた。

 

「話すと見えるようになるなら、

 

そのバイト先のお客さんには

話した方が良いんじゃないか?

 

見えるようになれば、

さすがに信じるだろ?」

 

と俺が聞くと、

まず女友達の方が、

 

「見えるようになるかは運次第だし、

それに、

 

『あなたにもうじき不幸が訪れます』

なんて言えるわけないじゃん」

 

と返してきた。

 

さらに彼女の方も、

 

「話したところで、

何の解決にもならないし・・・」

 

と悲しそうに語った。

 

確かにその通りだと思った。

 

もし自分に木が生えていて、

今と同じ事を伝えられても、

 

どうしたらいいのか分からない。

 

まず嘘だと思うだろうし、

仮に見えるようになったとしたら、

 

まるで自分の寿命のカウントダウンを

されているようで、

 

とても冷静でなんていられなくなるだろう。

 

俺はバカな事を聞いてしまったと反省し、

彼女に「ごめん」と謝った。

 

普段、彼女が見る木の生えた人は、

 

新宿駅など大勢勢の人がいる場所でも

多くて2~3人程度らしいが、

 

最近増えているニュースキャスターや

芸能人の場合は、

 

テレビを見ると必ず番組内に

大抵1人はいるらしい。

 

かなり異常な数だ。

 

最近、何か大きな変化が

起きた事は間違いないが、

 

俺にも彼女にも女友達にも、

 

それが何を意味するのかは

さっぱりわからない。

 

そもそも彼女自身が、

 

どうして木なのか、

何故そんなものが見えるのか、

 

何故この話を彼女がすると

同じように見えるようになるのか、

 

さっぱり把握していない。

 

こんなものを何年も見続けてきた彼女が、

なんだか可哀想に思えた。

 

そして、

 

そんな境遇でも明るく振舞える彼女は、

素直に凄いなと思った。

 

彼女とは最近もよくつるんで

遊びまわっているが、

 

彼女いわく、この話を聞いて

見えるようになる人は、

 

1年以内に見えるようになるらしく、

 

今年の11月までに見えないなら、

俺は安心ということらしい。

 

また、これは何故か、

 

『彼女が直接話さないと

見えるようにならない』

 

ようなので、

 

これを読んでも見えるように

なることは無いらしいので、

 

読んだ人は安心して欲しい。

 

ちなみに、

彼女と一緒にいる時に一度だけ、

 

「あの人・・・」

 

と教えられた事があった。

 

その直後、

その人は車に轢かれて吹き飛び、

 

足が関節とは逆方向に向いて折れ曲がり、

そのままピクリとも動かなくなってしまった。

 

何か物凄いものを見てしまい、

俺は相当なショックを受けた。

 

もし見えるようになってしまった

時の心構えが必要だと、

 

真剣に考えるようになった。

 

そしてその時にある事に気が付き、

彼女に聞いてみた。

 

「枯れるとヤバイのはわかった。

 

でも、なぜ『その瞬間』までが

わかるんだ?」

 

・・・と。

 

すると彼女はこう言った。

 

「その時が来ると、

枯れた木が折れるからわかる」

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ