もうすぐ死んじゃうよ

線香

 

これは、死に関する『予知夢』の話。

 

知り合いの彼は、久しぶりに山奥の実家に寄ったのだという。

 

実家にはまだ幼い姪がいて、彼によく懐いていた。

 

一泊した次の朝方、その姪が不気味なことを言う。

 

「安西さんちのおじさん、もうすぐ死んじゃうよ」※仮名

 

安西家というのは、近所に住んでいる親戚だ。

 

何でそんな気味の悪いことを言うのかと聞くと、姪は次のように答えた。

 

「昨日の夜、夢で見たの。裏の山から大きな黒い猿が下りてきて、おじさんを抱えて山に帰っていくの」

 

なんだ、夢の話か。

 

そう苦笑いしている彼に、姪はこう続けた。

 

「うん、夢だよ。でもね、私の夢の中で猿に連れていかれた人、みんな死んじゃってるよ。夢を見てからわりとすぐに」

 

えーっ!?

 

言葉が継げなくなった彼に、姪は釘をさした。

 

「家の人に言っちゃダメだよ。私がそんなことを言ってるの知ったら凄く怒るから。夢なんて自分じゃどうにもならないのにね」

 

そう言う彼女は、とても不服そうな顔をしていた。

 

街に戻ってから一ヵ月後、姪が言っていたおじさんが急死した。

 

実家から連絡を受けて、鳥肌が立ったという。

 

以降も変わらず姪とは交流しているが、あの夢の話は口に出せないらしい。

 

うっかり自分の死を予言されたらどうしよう・・・。

 

ついついそんなことを考えてしまうからだそうだ。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2022年12月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

【特集】過去の年間ランキング

(2020年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2020年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ