校舎で「ふたり鬼ごっこ」をしていたら

学校の階段

 

当時、中3だった私。

 

師匠というあだ名の女の子と仲が良くて、

しょっちゅう一緒に騒いでた。

 

あれは確か、冬の雨の日。

 

その日、私たちはノリで

鬼ごっこを始めた。

 

ふたり鬼ごっこ。

 

先に校舎の説明をしておくと、

 

四角い建物の真ん中が

四角く空洞になっている。

 

上から見ると『 』こんな感じ。

 

そして各階には、

東階段と西階段がある。

 

そういうことで、

鬼ごっこを始めたわけだ。

 

始めの鬼は師匠。

 

「いい?追っかけるよ!」

 

そう言って師匠が追いかけて来た時、

かなりの距離が開いていたんだ。

 

ほぼその距離を保ったまま、

2階を何周もグルグル走る。

 

さすがに疲れてきた私は、

一気に階段を上って、

 

4階の自分たちのクラスに

駆け込んでしまおうと考えた。

 

急に曲がって、

階段を駆け上り始める私。

 

が、ここからがおかしかった・・・

 

3階に差し掛かる頃にふと振り向くと、

師匠が急に私のすぐ後ろに迫っていた。

 

しかも、なぜか下を向いて、

頭から突っ込んで来るような走り方。

 

顔がよく見えなくて、

 

今まではギャーギャー叫びながら

後ろから追いかけていたのに、

 

何も喋らなくなった。

 

私はなんだか怖くなったので、

そのまま4階に駆け上って、

 

師匠が真後ろに付いて来ているのを

確認してから、

 

廊下を曲がって教室に駆け込んだ。

 

そして私の目に入ってきたのは・・・

一番前の席に座っている師匠。

 

「は!?」

 

後ろを振り向くと、

 

今まで追いかけて来ていたはずの

師匠がいない。

 

「ちょっと師匠、どうやったの!?

すぐそこまで追いかけて来てたじゃん!」

 

私はパニクって、問い詰めた。

 

すると、ポカンとした師匠は、

信じられない話をし始めた。

 

師匠の説明によると、

 

彼女は私が階段を上り始めた時点で

追いかけるのを諦めて、

 

反対側の階段から

教室に戻ってたんだってさ。

 

・・・だとしたら、私は一体、

誰に追い掛けられていたんだろう。

 

その階段を上っている間、

 

まわりがやけに暗く、

変に静かだったのを覚えている。

 

それに、

階段が長く感じられて・・・

 

それからは怖くて、

ふたり鬼ごっこはしていません。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ