鬼ごっこで居なくなった友達

 

小さい頃、

 

マンションで鬼ごっこをしていたら

友達がそのまま居なくなってな。

 

その日、

俺は家に帰ったんだけど、

 

そいつは帰らなかったらしい。

 

俺はふと、

 

マンションの屋上が上がれるように

なっていたことを思い出した。

 

しかも、なんか狭い隙間

みたいなところがあったな。

 

もしかしてあいつ、

そこから落ちたんじゃないか。

 

そう思うと、

いても立ってもいられなくなって、

 

今日早速そのマンションの

屋上に登ってみた。

 

そしたら案の定、

あいつはそこに居た。

 

隙間から見下ろすと、

「助けてー」と手を振っていた。

 

(終)

解説

この話のポイントは、

最初の「小さい頃」という描写。

 

つまり、現在の「俺」は

成人男性である。

 

昔を思い出し、

マンションの屋上に行ったら、

 

当時の姿のままの「あいつ」が

手を振っていた。

 

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ