旅先のコテージで震えて唸る愛犬

コテージ

 

去年の秋、

ペットも一緒に泊まれるコテージに、

 

俺と嫁とトイプードルの二人と一匹で

泊まりに行った時の話。

 

まず、別の施設にあるフロントで

チェックインを済ませ、

 

部屋の鍵とパンフの類を貰い、

部屋まで散歩がてら歩いて行ったんだけれど、

 

天気も良く涼しいので、

犬も楽しそうにしていた。

 

しかし部屋に着いた時、

 

どうも犬がコテージの前で

両手足を突っ張った状態から動かない。

 

部屋から離れようとして、

怯えているのがよく分かる。

 

結構臆病な子だけど旅行慣れはしていて、

こういう反応をするのは初めてだった。

 

嫁と「なんか居るのかもね(笑)

なんて冗談を言っていた。

 

怯える犬を抱きかかえて、

 

玄関の脇にあるペット用の足洗い場で

犬の手足を洗ってから中に入ると、

 

思いのほか室内は広く綺麗で、

 

洗面所やトイレ、

シャワー室もきちんと清掃されていて、

 

ベランダから見える森林や

鳥のさえずりが心地良く、

 

怯えている犬を除けば

俺も嫁も満足していた。

 

どうも犬がソワソワして仕方ないので、

 

持って来たトラベルキャリーに入れたら

少しは落ち着いたらしく、

 

大人しくなった。

 

そんなこんなで、

 

暫くしたらどっぷり日も暮れ、

食事の時間に。

 

レストランと温泉は別の施設にあるので、

 

一々部屋に戻るのはメンドくさいね、

という話になり、

 

食事のあと、近くを少し散策して、

温泉に入って戻って来ようということに。

 

部屋から出る時、

 

残された犬は不安なのか、

キュンキュン泣いていたけど、

 

可哀相だがキャリーの中で

お留守番していてもらった。

 

旨い食事を食って、散策、温泉と、

そのあいだ2時間ちょっとかな。

 

部屋に戻ると、

なんか様子がおかしい。

 

閉めていたキャリーの扉が開いていて、

犬が居ない。

 

俺と嫁は一気にパニックになって、

犬を探し始めた。

 

すると、

 

キッチンの隅で小さくなって震えている

犬を発見。

 

半泣きの嫁に抱きかかえられ、

ブルブルと震えている犬。

 

その嫁に、

 

「なんでしっかりキャリーの扉を

ロックしとかないのよ!」

 

とブチ切れられる俺・・・

 

確かにロックしたはずだし、

今までこんな事は無かったので、

 

キャリーを調べたが異常なし。

 

腑に落ちなかったけれど、

 

折角の旅行で喧嘩するのも嫌だったので

ゴメンと謝った。

 

前日まで仕事、

今日は早朝から車の運転、

 

そして今の事で疲れがどっと出て、

今日は早めに寝ようということになった。

 

ベッドルームにはシングルベッドが二つあって、

さすがに今日はHする気力もないので、

 

嫁は犬と一緒に、

俺はもう一つのベッドで別々に寝ることに。

 

まだ夜の9時過ぎだったけれど、

 

疲れもあったし、

すぐに寝入ってしまった。

 

何時間ぐらい経ったのか分からないが、

突然、犬の吠える声で目が覚めた。

 

嫁も一緒に目を覚まし何だろうと見ると、

 

嫁側のベッドの横のベランダに向かって

犬が唸っている。

 

ベランダにはカーテンが閉めてあるから

向こう側は何も見えないし、

 

変な物音もしない。

 

しかし、

 

今まで見たことのない唸り方なので

俺も嫁もちょっと薄気味悪くなり、

 

何だろうねと、

お互い顔見合わせていると、

 

突然、まるで冷房を入れたかのように

気温が下がった感覚があった。

 

「なんか急に寒くなってない?」

 

と嫁に聞くと、

嫁も同じでいきなり寒くなったと。

 

嫁は不安そうに犬を抱きかかえ、

犬も震えながらベランダの方を見ている。

 

ここは俺が様子見に行くべきなんだろうけど、

さすがに怖い。

 

どうしようかと迷っていたが、

意を決してベランダの方に行こうとした瞬間、

 

下がった気温が元に戻る感覚が・・・

 

「あれ?戻った?」

 

と嫁の方を見ると、

嫁もウンと頷く。

 

犬もまた大人しくなって、

ベランダの方を気にする様子もなくなった。

 

嫁も俺も今までこんな体験は無かったので、

軽くビビって全室の電気を点けて寝ることに。

 

その際、

 

恐る恐るカーテンの隙間から

外を覗いてみたけれど、

 

当然、真っ暗で何も見えない。

 

聞こえる音も、虫の声ぐらい。

 

結局その後は何も起きなかったんだけれど、

俺も嫁もあまり寝付けなく、

 

その日は朝食も食べずに

時間よりも早くチェックアウトして、

 

無事帰路につきました。

 

あの部屋で何かあったのか・・・

 

フロントの人に訊こうかとも思ったけれど、

なんか気恥ずかしく訊けなかった。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ