謎怖 14巻(全20話)

スポンサーリンク

彼女との非現実的な訳ありの二人暮らし

  十数年前。   俺がまだ高校生だった頃に 付き合った彼女との話。   高1の夏休み前に、 父親の会社が倒産した。   家計が厳しくなったので 学校に許可をもらい、  ・・・

怖い話を創作していた友人が書いた釣りの話

  2年くらい前の話。   友人の大野(仮名)は自分で作った怖い話を、 携帯小説でやっていた。   確か、水溜りの怖い話とか、   クローゼットの怖い話とかを 書いていたと思う。 ・・・

障子に開いた穴を数え始めたら

  10歳の頃の話。   当時、僕の部屋は畳と障子の和室で、 布団を敷いて寝る生活だった。   ある晩、 高熱を出して寝込んでいた僕は、   真夜中にふと目が覚めた。  ・・・

ある物件の入居者からの苦情

  ある物件の入居者より、 苦情の電話。   隣の部屋から毎晩のように ブツブツと声が聞こえるので、   気持ちが悪いとの事。   通常、騒音や苦情の類は うるさいというのが殆どだ・・・

10年後の今でも気になって仕方ない話

  あれから10年近くも経つのに、 未だに気になって仕方ない話。   中学生の時のこと。   俺はいつも通りに学校から帰ってから、 部屋でテレビを見ていた。   2時間ほど経った夜・・・

おふくろに起こされた夜の出来事

  小学3年の頃の話。   夜寝ていたら『トントン』と、 肩を叩かれ名前を呼ばれた。   おふくろの声だった。   「・・・え、なに?」   俺は目を瞑りながら訊いた。 ・・・

深夜の無人駅で10円玉を求めるおじさん

  10年くらい前に会った、 10円おじさんの話です。   当時、高校を卒業したばかりで、 仲間とカラオケに行きました。   一両とか二両しかない電車の通る、 無人駅の側にある小さなカラオケ・・・

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2019年4月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ