道を見失い薮漕ぎしていると目の前には

犬

 

これは、犬にまつわる不思議な体験話。

 

去年の秋口、皇海山を目指して朝早くから袈裟丸周りで上がったのだが、帰り道で庚申山荘を目指して下りていたつもりが、道を見失い薮漕ぎしていた。

 

※皇海山(すかいさん)

栃木県日光市と群馬県沼田市との境界にある山。足尾山地に属する。標高2144メートル。日本百名山の一つ。

 

すると、目の前に『クマ』がいた。

 

クマと言っても熊ではなく、昔に飼っていた犬の名前だ。

 

体力も精神的にもギリギリだった俺は、何の気なしにクマに付いて行った。

 

すると、いつの間にか山荘を通り越して、元足尾鉱夫の宿泊所のようなボロボロの建物の側にいた。

 

気づけばクマもいない。

 

どうやって、どのくらいで辿り着けたかもよくわからないまま、近くの博物館まで歩いた。

 

ただ、側にあったトイレの鏡で自分を見た時は心底ゾッとした。

 

なぜだか顔も身体もボロボロで、ザックも無い。

 

辛うじて腰回りの貴重品と車の鍵はあった。

 

朝まで電車待ちをしながら過ごし、なんとか車まで辿り着けたが、よく考えたら“クマはもう5年前には亡くなっている”

 

たぶん俺はどこかで滑落して、記憶が喪失し、フラフラと歩いていたんだと思う。

 

そう言えば、クマとはよくこの辺りで、沢や山菜採りをしながら歩いていた。

 

きっと、その頃の記憶のお陰で下山が出来たんだと思う。

 

しかし未だ、ザックとテントは何処へいってしまったのかはわからずじまい。

 

そして最近、記憶を取り戻した元鉄橋の辺りに、お供えとお酒でお礼をしてきた。

 

あとがき

家に居たクマは、黒くて首回りが白かったから『クマ』と名付けた。

 

猟師に聞いた話では、あの子はハヤテという犬種で、昔は狩猟にも使われていた種類の犬だそうで。

 

ただ、俺には雑種にしか見えなかったが。

 

子犬の頃に一番弱そうな子を拾い育てているうちに、やたら足が速くなり、山の散策によく一緒に行っていた。

 

ある意味では、「あの子に助けられたのかな」なんても思う。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2022年11月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

【特集】過去の年間ランキング

(2020年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2020年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ