ずっと昔から取り壊されない家屋の怪 2/2

廃屋

 

ピンポン。

 

ピンポン。

 

ピンポンピンポン。

 

呼び鈴をいくら鳴らしても、

誰も出てきません。

 

留守か・・・

そう思い帰ろうとした矢先、

 

「ちょっと」

 

と、中年の汚らしい男に

呼び止められました。

 

「この家の人と知り合い?」

「はい」

 

「A君のお連れさんかな?」

「はい」

 

「名前は?」

「なんで名乗らなあかんのすか?」

 

そう言うと、

 

その男は懐から

手帳みたいなものを取り出して、

 

こちらに開示してきました。

 

それは、警察手帳でした。

 

「この家の人な、

 

みんなこことは違う場所で

見つかったんや」

 

「・・・」

 

「君ら、知ってるか知らんか

分からんけど、

 

ここまっすぐ行ってちょっと北に行った

電波塔のとこらへん、

 

○×団地ってあるんやわ。

 

その団地にずーっと昔から、

なんでか取り壊されへん家屋があんねん。

 

一昨日、その家が全焼したん、

知らんか?

 

ものすごい消防車やったで?

ほんまに知らんのか?

 

ま、ええわ。

 

それで、その家ん中で、

ここの家族が見つかったんやわ。

 

遺体で。

 

もちろん全焼した家の中で

見つかったんやから、

 

遺体は燃えとったけど、

死因は焼死かどうかは分からんのや。

 

A君の遺体はイスに縛り付けられてて、

しかも首が無かった。

 

そしてその遺体を囲むように、

円形の模様が何かで床に描かれてて。

 

首はA君の対面に置いてあった

イスに置かれてた。

 

両親はあの家の浴室で、

抱き合うようにして死んでたわ」

 

この男は一体どこまで話すつもりなのか。

 

恐れ慄く僕らを見ながら、

たまに誘い笑いをしながら話していた 。

 

「また、なんか分かったら、

○×署まで頼むわ!

 

おっちゃんは他殺やと思ってるし、

 

たぶん、自分らの高校の子らなんかが

怪しいと思うてるんや」

 

そう言って、

 

署の電話番号が書かれたメモを僕らに渡して、

男は去って行った。

 

僕らはそのメモをぐちゃぐちゃにして捨てた。

 

友人が死んだということが信じられず、

僕とBはしばらく呆然としていた。

 

今の今までべらべら喋っていた男が

本当に警察の人間だとしても、

 

信じたくなかった。

 

僕はとりあえず気になっていたことを、

Bに聞くことにした。

 

Aの一家のことはもちろん気になるし、

 

あの廃屋の火事の事実確認がしたいのも

もちろんだが、

 

どうしてもBに『あの夜』、

何があったのか聞きたかった。

 

「なぁ、あの時、何を見たん?」

 

B「・・・ものすごい、でっかい影や」

 

「俺が見たやつやんけ!それで?」

 

B「お前が見たやつかどうかは知らん。

やけど、その影はとにかく怖かった。

 

ほんま、あほみたいにでっかくて、

指差しとったんや、Aの事を。

 

指なんかあったんかどうか知らんけど、

そう感じたねん。

 

それで・・・」

 

そこまで言って、

Bは口をつぐんだ。

 

「それでなんやねん?」

 

B「あんま、

言いたなかったんやけど・・・

 

その影、

顔がお前の顔しとったんや。

 

それで、ものすごい顔で、

にたぁ~ってしとったで・・・

 

俺にはそれがどういう意味なんか

分からんかったし。

 

ほんまにそんな事があったということ自体、

信じられへんし信じたくない」

 

数日後、

Aの親族が営んだ葬式に参列し、

 

それからしばらくして僕とBは、

何故か疎遠になってしまいました。

 

Aの一家の事件に関しては

何も進展はなく、

 

それ以来この話は誰にも話さず、

むしろ話すこともできずに封印してきました。

 

(何故か3年後に新聞に載りました)

 

そして僕は今まで特に変わったこともなく、

生き続けています。

 

ただ、

ふいにこの事件を思い出します。

 

そして考えます。

 

自分の顔をした影がどうなったのかを・・・

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ