友達の携帯電話でイタズラするつもりが

携帯電話 ガラケー

 

大学生の頃の話。

 

友達のAには、

遠距離の彼女が出来たらしくて、

 

毎日のろけ話のウザいこと・・・

 

そんなある日、

Aの家で遊んでいた時のことだった。

 

午前2時頃だったかな、

Aが眠気に負けて寝落ちした。

 

すると、

 

俺と同じくAののろけ話に

嫌気がさしていた別の友達のBが、

 

B「Aの携帯からAの彼女に

今からイタ電しようぜ!(笑)

 

と言い出した。

 

今考えるとかなりDQNな行動だし、

反省もしているのだが、

 

お酒が入っていたのもあって、

とにかくその時は俺もノリノリだった。

 

Aの携帯をこっそり開いて、

 

とりあえずメールでも見てやろうと、

受信ボックスを開く。

 

Aの彼女の名前がずらっと並んでいる。

 

ちょくちょく摘まんで読んでみたところ、

甘々なメールばかり。

 

送信ボックスも見てみた。

 

これまた甘々なメールの数々に、

俺とBは爆笑する。

 

と同時に、

 

嫉妬の炎が俺達の心の中に

沸々と燃え上がり、

 

これはもう本当にイタ電するっきゃない!

となった。

 

何故か着信履歴には

Aの彼女の名前が無かったので、

 

アドレス帳から探し出し、

発信してみた。

 

出るかなあ~

なんてワクワクしていたところ、

 

部屋に謎の着信音が鳴り響いた。

 

B「お前の携帯?」

 

「いや、俺のじゃないよ。

Bじゃないの?」

 

その時にAの部屋に居たのは、

俺とBとAの三人だ。

 

俺の携帯ではない。

 

Bの携帯でもない。

 

Aの携帯は今俺が持っている。

 

この部屋にもう一台、

携帯があるはずはないのだ。

 

Aの彼女に掛けた途端に鳴り出した、

謎の携帯。

 

これが指し示す事実は一つしかない。

 

音の出所を探す。

 

Aがいつも持っている鞄の中から、

その音がしていた。

 

鞄を開けてみると、

水色の携帯が一台あった。

 

恐る恐る開いてみる。

 

画面には着信アリの表示。

 

Aの名前が出ていた。

 

B「・・・こいつ、何してんだよ」

 

Bがマジで引いている。

 

俺もゾッとして、

瞬時に酔いが覚めた。

 

幸い、

Aは起きなかった。

 

Aの携帯と謎の携帯の二台から、

それぞれ発信と着信の履歴を消去し、

 

何事も無かったかのように

翌朝も振る舞った。

 

その日は全然眠れなかったが・・・

 

それ以来、

なんとなくAとは疎遠になっていったが、

 

あれからも何度かのろけ話を聞いた。

 

(終)

スポンサーリンク

One Response to “友達の携帯電話でイタズラするつもりが”

  1. 匿名 より:

    単に彼女が忘れてった携帯を鞄に入れてただけじゃね?

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ