大切にしていたビー玉をくれた友達

ビー玉

 

これは、たぶん子供を怖がらすための作り話でしょうが、こんな話を子供の頃に聞かされました。

 

『窓に、むやみに近づいてはいけない』

 

理由は、ガラスは液体だからというものでした。

 

物理上か化学上かは知りませんが、ガラスは厳密には固体ではないので、期限が来ると粉々に砕け散るということだそうです。

 

私の小学校では当時ビー玉弾きが流行っていましたが、勢いよくカチンとやる度に、「あっ、今が期限だったらどうしよう!」とビクビクしたものでした。

 

それだけなら可愛いお話なのですけど・・・。

 

そんな頃、仲の良いお友達が転校することになって、私は悲しくて泣いていました。

 

ですが、彼女がいよいよ引越しということで見送りに行った日、宝物のビー玉をくれたのです。

 

いつもとても大事にしていて、弾きにも使わない物でした。

 

私は「そんな大切な物もらえない」と言いました。

 

すると彼女は、「よーく、この玉の中を見て」と言うのです。

 

私は太陽の光にかざして、玉の中を一生懸命に覗き込みました。

 

その時、玉の中心に炎のようなものが見えたのです。

 

「あっ、中で何か燃えてるよ?」

 

「そうでしょ。とっても不思議なの。これを私だと思って持ってて。私がどんなに元気かいつでもわかるから」

 

そう言って、彼女は出発して行きました。

 

時は過ぎて私が成長して高校生になった頃、すっかり忘れていたこのビー玉が再び目に留まりました。

 

そして思い出を懐かしみながら、また太陽の光にかざしてみました。

 

でも、いくら覗き込んでも、あの時に見た炎のような輝きは見えませんでした。

 

あれは幻だったのかなぁ・・・。

 

子供だし、何かを見間違えたのかもしれません。

 

でも気になった私は、しばらく小さな座布団に乗せて机の上に置いていました。

 

すると、ある日に突然ビー玉は砕けて砂になってしまったのです。

 

ああ、期限が来たのかなぁ、と思いました。

 

小学生の頃に離れ離れになってから、このビー玉をくれた彼女の消息はわかりませんが、きっと死んでいると思います

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2021年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

【特集】過去の年間ランキング

(2019年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2019年・怖い話ランキング20
(2018年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
アクセスランキング

このページの先頭へ