双眼鏡でお互いを覗き合う仲

双眼鏡

 

ネットの発達のせいかは知らないが、

 

心霊写真は解析され、

心霊動画は検証され、

 

幽霊なんてすぐに否定される時代になった。

 

だけど、俺の家の隣にある廃屋には、

未だに霊が住み憑いている。

 

月の出た明るい夜。

 

俺は部屋の窓から、

双眼鏡で舐めるように隣の廃屋を眺める。

 

荒れた庭、玄関ポーチ、

1階の窓、2階と覗いていくと、

 

2階の窓には白い着物を着た

黒髪の女が現れる。

 

女もまた双眼鏡を持っている。

 

そして、

レンズ越しに俺を見る。

 

数分間の夜の静寂の中、

双眼鏡を持つお互いの姿を眺め合う。

 

一連の流れの中で、

ここは俺的に結構怖い。

 

スリリングでもあるのだが・・・

 

なぜ俺がこんなことしているのかは、

小さい頃からの独自の習慣だからだ。

 

お隣りに幽霊がいる。

 

俺にはそれが見える。

 

害はない。

 

ただそれだけ。

 

俺にとっては大事な隠し事であり、

日常でもあった。

 

女が何を考えているのかは、

全く分からなかった。

 

それも最近までは・・・

 

大人になったので考えてみると、

少し分かるようになった。

 

幽霊は何を望むのかと言えば、

 

「生きたい」

「ヒトになりたい(戻りたい)

 

だろうなと。

 

だからヒトの俺と同じ行動するとか。

 

彼女は隣の廃屋で、

普通に死んだ普通の幽霊かと思われる。

 

この辺は治安が良いし、

酷い死に方をすることはないと思う。

 

だからなんというのか、

素朴な幽霊だ。

 

怖いし可哀相だし真実は分からないけど、

 

お互い双眼鏡を覗き合う仲なら、

このまま続けるのも面白い。

 

そう思っていた。

 

しかし先日、

窓から静かに覗き合った時のこと。

 

向かいの暗い窓から突然、

女が双眼鏡を庭に叩きつけた。

 

血の気がサーッと引いた・・・

 

(あらわ)になった女の目は、

よく見えなかった。

 

が、ヒトの顔の形をしていたと思う。

 

「かああああ!殺す殺す殺す殺す

殺す殺す殺す殺す殺す・・・!!」

 

女は狂い出した。

 

怖いから怖いから怖いから・・・

でも目は逸らさなかった。

 

逸らしたら終わりだって気がした。

 

正解だった。

 

女はしばらくすると落ち着いた。

 

そして、

また双眼鏡で見つめ合う日常。

 

女の絶叫は、

ご近所さんには聞こえなかったらしい。

 

まだ覗き合っているのもどうかと思うが、

今さら止めるのも怖い。

 

幽霊って何なんだろう。

 

何がしたいんだろう。

 

得体の知れないものって本当に怖い。

 

今日は、家の前に大量の髪の毛が

ばら撒かれていた。

 

なんだか色んな意味で、

二人の距離が近付いてきています・・・

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ