思春期だからついつい見てしまった結果

電車

 

高校2年生だった7月頃の話。

 

その日は定期テストで早く帰れたこともあり、普段から人が少ない路線なのにさらに電車がガラガラだった。

 

音楽を聞きながら携帯を弄っていると、向かいの座席にカップルが座ったのが視界の端で見えた。

 

最初こそ気にしていなかったのだが、女の方が男の頬にキスをした

 

それも何回も。

 

視界の端で見えただけだったが、そこは思春期だった俺、ついつい見てしまった。

スポンサーリンク

見つかってしまった

男は中肉中背のハゲたおっちゃん。

 

女は日本人ではなさそうなアジア系のお姉さん。

 

当時の俺は、外国人のパブのねーちゃんでも連れてるんだと思ったが、どうも男は女のイチャつきに嫌そうな顔をしていた。

 

昼間の電車で堂々とキスって・・・、国によっては普通なのかなと俺は考えていた。

 

しばらくチラチラ見ていると、女がキスするのをやめて男に何か話しかけていた。

 

俺は音楽を聞いていたので内容は全く分からなかったが、女が男の頬に顔を近づけたまま何やらブツブツと喋っている。

 

その時、「あ、この女の人、変な人なんだ」、 そう思って目を逸らそうとした。

 

だが、ちょうど男と目が合った。

 

ちょっと気まずい感じがしたので、また下を向いて携帯を弄ることにした。

 

周りの人は全く見ていなかった。

 

それでもやっぱり気になるので、カップルを視界の端で見ていた。

 

それからしばらくすると、女がキスをやめて俺の方をまじまじと見てきた。

 

向かいに座っていたからそう感じるだけだと思ったのだが、顔を上げるとしっかりと目が合った。

 

それが不気味だったこともあり、俺は地元の駅に着いた瞬間に急いで電車から降りた。

 

家に帰ってからは夜中まで翌日のテストの勉強をした後、さっさと布団に入った。

 

すると、頬に何か当たった感触がした。

 

唇だ。

 

俺は怖くて目を開けられなかったが、その唇の主が誰なのかはすぐに想像がついた。

 

数回キスが続いた後、頬のすぐ横でブツブツと囁き始めた。

 

日本語ではない言葉でひたすらブツブツと。

 

その時は、「あぁ、電車で見たおっちゃんから移ったんだなぁ」とか、「他の人は見てないんじゃなくて見えてなかったんだなぁ」とか、「見えたのがバレたから付いて来たんだろうなぁ」などと、もう怖すぎて逆に冷静に色々と考えていた。

 

気がつくと寝てしまっていたようで、朝になるとアイツは居なかった。

 

俺はそこから1ヵ月程、不定期に耳元で囁かれることになる。

 

気がおかしくなりそうだった。

 

3回のお祓いも意味がなかった。

 

でもある時からアイツは現れなくなった。

 

たぶん誰かが見たのだろう。

 

それでアイツは今も見た人を付け回しているのだと思う。

 

アイツが何を伝えようとしていたのかは、今となっては分からない。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ