またあの女は近づいて来ている

怖い女

 

これは、10年くらい前にあった話になる。

 

その日の仕事が終わり、家に着いたのが22時30分頃。

 

ビールでも飲もうかと冷蔵庫を見ると、切らしていたので買いに行くことにした。

 

当時は団地にある実家に住んでいて、酒屋には歩いて10分くらいだった。

 

団地の中央を通る道を行けば、自販機の販売停止の23時にはまだ間に合う。

 

俺は急いで酒屋に向かった。

 

・・・と、その時に、路上駐車している車の陰にうずくまる人がいた。

 

それは白いワンピース姿に長い髪の女だった。

スポンサーリンク

この話は人にしてはいけない

最初は向かいの団地で話をしている4~5人の女の子達の友達がイタズラでもしているのかと思い、あまり気にせずにその横を通り過ぎようとした。

 

しかし目の前まで行くと、何かが変なことに気付いた。

 

街灯に照らされた車の陰なのに、ボンヤリと光っている。

 

急に怖くなった俺は見ないようにしていたが、つい横を通る時に見てしまった。

 

すると、その女は顔を上げて、俺を睨みつけるようにギッと見ていた。

 

その瞬間、「ヤバイ!」と思った俺は、走ることも出来ずに酒屋に向かった。

 

その間、何故だか絶対に振り向いてはいけないような気がしていた。

 

今思うと不思議なのは、そんな状況の中でもビールを3本も買っていたことか。

 

帰り道は好奇心もあったが、やはり怖いので団地をグルッと回って遠回りをして早足で帰った。

 

そんな思いまでして買ったビールだったが、結局は1本だけ飲んで寝てしまった。

 

本当にヤケに不味いビールだった。

 

しかしその夜、人生で初めての金縛りに遭った。

 

何が何だか分からないでいると、部屋の天井の角に『あの女』の顔があった。

 

長い髪の白い顔が俺を睨みつけていた。

 

どれくらいの時間が経ったか分からないが、目を瞑ることも視線を外すことも出来ず、俺はひたすら女を見続けることしか出来なかった。

 

瞬きすらしていなかったのかもしれない。

 

そしていつの間に気を失ったのか、朝を迎えていた。

 

起きた時に強烈なダルさに襲われた俺は、熱を計ってみると39度近くあった。

 

風邪でも引いたか?と思い、会社に電話を入れて急遽休みをもらった。

 

その日からまさに三日三晩、あの女のせいでうなされることになった。

 

当初は夜にしか見えかったが、日が経つにつれ、昼間でも見えていた。

 

夢か現実か分からない中で、「ああ、俺は死ぬのか?」なんて漠然と思っていた。

 

その夜、ふと目が覚めると、金縛りの中で女の顔が真上にあった。

 

それも少しづつだが近づいて来ているような気がした。

 

でも何か変だ・・・。

 

いつもの景色ではなかった。

 

何故か俺は浮いていた。

 

たぶん1メートルくらいか。

 

ふと振り向けば、布団には俺が寝ていた。(今でも不思議なのは、首が180度回転したかのように見えた)

 

その瞬間、俺の周りをとてつもなく眩しい光と暖かいモノが包んだ。

 

気が付くと朝だった。

 

熱も37度くらいまで下がっていた。

 

夢だったのか?

 

当時はそんな経験のない俺は誰に相談も出来ず、翌日には会社へ行った。

 

同僚やらには「風邪だよ」と話していると、一人の女子が突然「何かあったの?」と聞いてきた。

 

以前に会社内で、「その子はみえる人」というような噂を聞いたことがある。

 

俺は藁をも掴む気持ちで全てを話した。

 

すると彼女は「いい人がいるから」と、2日後には霊能者という人を紹介してくれた。

 

その霊能者曰く、「もう今はいないから大丈夫だろう」と。

 

但し、「今後この話は人にしてはいけない。早く忘れなさい」と言われた。

 

それからだった。

 

最初は何かを感じるくらいだったのだが、そのうちに段々と見えないものが見えるようになったのは。

 

でも、それはそんなには怖くはなかった。

 

あの女に比べれば・・・。

 

なので友達に話したりして、少し面白がったりもしていた。

 

ただ、あの女の話だけは誰にもしなかった。

 

5年後。

 

俺は実家から車で1時間近く離れた場所で一人暮らしを始めた。

 

ある日、友達と二人で話していると、何故だか俺はあの女の話をし始めてしまった。

 

心の中では「やめろ!」と思いながらも止まらない。

 

でも5年も経っているし、地元も離れたし大丈夫だろう、と思うようにした。

 

話を聞いた友達も豪快なヤツで、あまりそういうものを信じない。

 

一度金縛りになった時も、「あんなもんは気合でしょ?」と硬直状態から動かしたと豪語するくらいなので、大丈夫かなとあまり気にしないようにしていた。

 

数日後。

 

その友達がうちに来た時に、非常に言い辛そうにこう言った。

 

「見間違えかも知れないが、あの日の帰り道に見たんだ。おまえの話していたのと同じような女が、車の陰でうずくまってたんだよ」

 

詳しく聞くと、俺の家のすぐ近くで見たようだった。

 

その瞬間、俺は凍りづいた。

 

そして後悔した。

 

話さなければよかったと・・・。

 

またあの女は近づいて来ている。

 

その後、結局はあの女に苦しめられることは一度もなかった。

 

でも、その時に心に誓った。

 

「もう二度と話すのはやめよう」と。

 

そして今、それからまた5年が経った。

 

何故か無性に話をしたくなっている俺がいる。

 

理由は未だに分からないが、あの女が「話して欲しい」と言っているような気もする。

 

こうやって文字にして書き出すことで、あの女が納得をしてくれればいいのだが・・・。

 

もしも車の陰でうずくまる女を見かけたら、しばらくは決して目を合わさない方がいい。

 

ただ、ここまで読んだあなたがその女を見てくれたら、俺は助かるのかもしれないが。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2020年11月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

【特集】怖い話ランキング

2018年に投稿した怖い話の中で、閲覧数の多かった話を『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
アクセスランキング

このページの先頭へ