道案内

今年入ってからの実話。

 

土曜日の夕方、家でゴロゴロしてたら

友人から電話がきた。

 

「今、駅にいるから来てくれないか?

そして、今晩ウチに泊まってくれないか?」

との事。

 

暇だしいいか、ってことで

支度して駅に向かった。

 

友人宅に着いて話を聞いてみると、

友人がバイトを終えて帰宅中、

髪の長い白いワンピースを着た不気味な女に

声をかけられたとか。

 

その女は「道を尋ねたい」と言い、

友人が何処に行きたいかを聞くと、

友人のアパートの部屋だったらしい。

部屋番号から何まで一致していたとか。

 

「知らない」と言って逃げて来たけど、

一人で家にいると怖いから

誰かと一緒に居たいとの事。

 

友人のアパートは特に変わった様子も無く、

部屋も誰かが入った形跡はなかった。

 

その日は友人宅でテレビを見たりして

ゴロゴロして過ごした。

 

外に出るのが怖いとの事で

食事は出前だった。

 

そんなこんなで、

お互い寝てしまった。

 

深夜の4時くらいかな。

喉が渇いて俺だけ目を覚ましたんだ。

 

そしたら玄関の方から「コン、コン」と、

ドアをノックする音がした。

 

最初は隣の部屋の人かな?

なんて思って開けようかと思ったけど、

よくよく考えたらこんな時間に

来客なんておかしくないか?

 

もしかしたら友人が言っていた

昼間の女じゃないか?

 

と思うと怖くなって、

そのまま無視して寝た。

 

翌朝起きると、

当然だがノックの音は無くなっていた。

 

ノックの話をしても友人を怖がらせるだけだから

黙っておくことにした。

 

今、友人は特に何もなく

普通に生活している。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ