バイクツーリングでの初キャンプにて

キャンプ

 

北海道の紋別郡にある、

白滝高原キャンプ場での話。

 

頃は7月下旬、

 

男11人のうちバンガローに5人ずつと、

俺はテントに一人で寝ることに。

 

夜11時頃まで宴会騒ぎだったが、

バイクツーリングの長旅で疲れていた為、

 

0時頃には各々バンガローとテントに戻り、

みんな寝入っていた。

 

キャンプツーリングが初めての俺は、

興奮していたのか中々寝つけなかった。

 

夜中、何時か分からないが、

金縛りで動けなくなった。

 

普段からよく金縛りに遭っていたので、

特に怖くはなかった。

 

気にせずそのまま眠りにつこうと思ったが、

トイレに行きたくなった。

 

そしてトイレに行ったのだが、

その帰りに“異変”は起こった。

スポンサーリンク

異変は霊による仕業なのか・・・

パラパラと雨が降ってきた瞬間、

 

全身に、特に両足の太ももを中心に、

(しび)れるような力が入らない感じに・・・

 

立っているのも辛くなり、

その場に倒れ込んでしまった。

 

その時の記憶はかなり曖昧だが、

なぜか悲しい気持ちで涙が出てきそうだった。

 

数分ほどするとなんとか歩けるようになり、

テントへと戻った。

 

しかし戻った後も、

太ももにはずっと痺れた感覚が残っていた。

 

寝たのか気を失ったのか分からないが、

いつのまにか朝を迎えていた。

 

その日の朝食中に友人と、

 

「禁煙やめたんだ?」

 

「え?タバコは吸ってないよ?」

 

「昨日の夜中、

トイレの帰りにタバコの火が見えたから」

 

「見間違いじゃね?」

 

みたいな話をした後、

荷造りの為にテントへ戻った。

 

・・・すると、

 

テントの前に生えている雑草が、

おかしな感じで倒れていた。

 

テントの入り口から下半身だけ出した状態で、

草の上に横になっていたような草の倒れ方。

 

朝、テントから出る時には、

 

入り口のチャックは全部閉まっていたし、

気味悪いけれどイタズラだろうと思った。

 

この日のツーリングは、

浮島トンネルから稚内といったルート。

 

レプリカ系バイクが多く、

攻める事が多い俺たちだったが、

 

俺は太ももに少し痺れが残っていたので

あまり攻めず、

 

のんびりとグループに混ざって走った。

 

攻めグループの一人が浮島トンネル内で転び、

両足を骨折した。

 

転んだ友人が走っていたポジションは、

いつもは俺のいるポジションだった。

 

俺は途端に怖くなった。

 

しかしその後、

 

俺の身には何もないし、

骨折した友人も回復に向かっている。

 

ただ・・・

 

あの太ももの痛みは何だったんだろう、

と最近になって思う。

 

再度、浮島トンネルに行ったが、

 

バイクの水温計の温度が

もの凄い勢いで下がっていくし、

 

異常なほど寒く感じる。

 

得体の知れない”何か”が居るのだろうか・・・

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ