夜中に目を覚まして見たもの

1週間前、夜中に目を覚ました。 

・・・部屋が薄明るい。

 

どうやらテレビを

付けっ放しで寝たらしい。

 

消さなきゃ・・・、あれ?

体が動かない。

 

金縛りだ!

 

目は動いた。

キョロキョロ当たりを見回す。

 

時計に目がいく。

時刻は午前4時21分。

嫌な時間帯だ。

 

ふと、テレビの画面に目がいった。

砂嵐が映っていない。

 

『6 3 2 0』

文字が映っていた。

 

パッ!

 

画面が切り替わった。

口元が映った。

 

正確には人の顔の鼻から下、

首から上の部分が映っていた。

 

どこかで見たことのある、口だった。

 

恐怖はあったが、俺は不思議と

テレビの画面に見いってしまった。

 

画面の口が動いた。

ニヤリッと笑ったような表情を作った。

 

ツー・・・

 

画面の口の端から液体が垂れた。

赤かった。

 

血・・・?

 

止まらない。

どんどん垂れる。

 

最終的には、アゴから滴り落ちる

ぐらいまで垂れていた。

 

その間も、金縛りは続いていた。

 

その血を見ていると、

だんだんと頭がボーとしてきた。

 

目が霞む・・・

 

テレビの画面を見る。

画面が遠ざかっていく。

 

カメラが、口から顔全体を

映すかのように遠ざかっていく。

 

俺は顔を確認しようと、

必死にその画面を見る。

 

鼻が映った。

 

「えっ、!この形・・・」

 

うっ・・・眩しい。

朝になっていた。

 

テレビから音が聞こえる。

見慣れたニュースキャスターが映っていた。

 

しかし、あのカメラが映していた

顔を見れなかった。

 

でも、あの鼻と口のパーツ、

俺はよく知っている。

 

「妹の顔のパーツ・・・」

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ