バス停で佇んでいる女の子

バス停

 

朝の出勤時に高校の横を通るのだが、校舎周りの塀側にある学校向けのバス停に、いつも一人の女の子が佇んでいる。

 

通りすがりに見かけるだけで特に気に留めては無かったが、ある日おかしな事に気付いた。

 

その女の子が一人きりでバス停にいる時はバスが止まらない。

 

気になって見るようにしたら、一度や二度じゃない。

 

そういう状況を何度も見かけた。

 

彼女は、いつも空を見上げてバス停で佇んでいる。

 

俺は通りすがりでしかないので、ただ見かけているだけだ。

 

人間不思議なもので、気になってくると興味が出てくる。

 

なるべくその女の子を見られるように、少し早めに出勤したりしてみた。

 

単なる好奇心であって、下心ではない・・・つもりだ。

 

数日間、数週間と見ているうち、さらに気付いた。

 

バス停にいる女の子は服装が変わらない。

 

いつも空を見上げている。

 

そしてバスが止まらない。

 

これらが全く変わらないのだ。

 

他の待ち合い人が居てバスが止まると、彼女もつられるようにバスに乗る。

 

乗ると言ったが、これは滅多に見れなかった。

 

そんな観察を何ヵ月か繰り返した。

 

そんなある日の事、いつも通りにバス停を通りかかると、女の子の後ろに変な爺さんがいた。

 

俺はいつもの待ち合いだなと思いながら通りすがった。

 

ふと爺さんが変な動きをしたなと思った次の瞬間、女の子が折り畳まれるように爺さんに吸い込まれてしまった。

 

あまりにも訳の分からない様子で、「えっ?!」と声を出してしまった。

 

すると爺さんは、さっと足早にその場を去って行ってしまった。

 

俺はぽかーんとしたまま立ち竦んでしまって、その日は遅刻した。

 

それ以降、バス停に女の子は現れなくなってしまった。

 

あれは一体何だったんだろう、と今も思う。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ