森で出会った一つ目の女の子

森

 

これは、じいちゃんが住んでいる田舎の森で迷子になった時の話。

 

森といってもそんなに広くはなく、幼いの頃からずっと探検していたので、何処がどういう道に出るかはほぼ把握しているつもりだった。

 

けれど、その日は違った。

 

30分くらいで帰るつもりだったのに、さあ出口という所まで来たはずなのに出られなかった。

 

どこまで行っても、木、草、木、草。

 

どうしよう…と焦っていると、30メートルほど先に小さな人影を見つけた。

 

良かった、道を聞こう。

 

そう思ったの束の間、その人影はこちらを見たまま全く動かない。

 

しばらく私が固まっていると、ふいに人影が近づいて来た。

 

黒っぽい色のちゃんちゃんこを着た、見た目は人間の子供の女の子そのものだった。

 

どことなく古い感じもした。

 

ただ、目が額の部分に一つしかなかった。

 

私は恐怖に全身の毛が逆立っていると、その子供が「ウタ!」と呟いた。

 

さらに戸惑っていると、駄々をこねるように地団太を踏んで「ウタ!ウタ!」と騒ぎ出す。

 

そのせいで言い方は変かもしれないけれど、少し恐怖感が抜けてしまった。

 

歌って欲しいの?

 

相変わらず一つ目の子は、「ウーター!」と私の服を引っ張って騒いでいる。

 

本当にその子が『歌』の意味で言っていたかどうかなんてわからなかったけれど、私がとっさに思いついたのが、なぜかミニー・リパートンのラヴィン・ユーだった。

 

合唱団に入っていた私は歌には少しだけ自信があって、とりあえずラヴィン・ユーを歌ってみたところ、一つ目の子は途端に静かになって聴いていた。

 

「ラララララ…」の箇所では体を小さく揺らしていて可愛げもあったけれど、一つだけの目は終始じっと私の方を見ていた。

 

たぶん、歌い切ったと思う。

 

それまで大人しかったその子が、突然「ン!」と言って指差した方向を見ると、じいちゃんの家がある村が見えた。

 

やった、出られる!

 

そう思って瞬間的にもう一度その子の方を見ると、もう私の側にはおらず50メートルほど先にいて、そのまま森の奥へ消えていった。

 

いやいや、ありえないから…。

 

私は突然の出来事にまた凄く怖くなってしまい、急いで森から出た。

 

それ以降、あの森には一度も入っていない。

 

怖いのか不思議なのか、よくわからない体験だった。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2022年8月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

【特集】過去の年間ランキング

(2020年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2020年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ