土砂降りの雨の中のバス停にて

バス停

 

これは、とあるバス停で体験した不思議な話。

 

峠道でいきなり土砂降りの雨に出くわし、近くのバス停に逃げ込んだ。

 

屋根はかなり狭かったが、なんとかそれ以上に濡れるのは避けられた。

 

ふと気づくと、すぐ隣には先客の若い女性がいる。

 

彼女は身体を拭いながら、私に話しかけてきた。

 

彼女が少し話した後、私も彼女に話かけた。

 

「こんな大雨は本当に鬱陶しいですね」

 

すると、次のような応えが返ってきた。

 

「雨は好き。独りきりじゃなくなることが多いから」

 

そこまで聞き取ると、横の存在感がフッと消えた。

 

ざあざあ降りの雨の中、私は一人バス停で立ち尽くしていた。

 

それに、彼女の顔も服装も、まったく思い出せない。

 

雨が止むまで、本当に落ち着かなかった。

 

でも、逃げ出すのも悪い気がして・・・。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2022年10月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

【特集】過去の年間ランキング

(2020年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2020年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ