もし、あの声に応じて鍵を開けていたら

ドア

 

私は高校1年生で、小学6年生の弟がいます。

 

家は2階建ての一軒家。

 

今、訳あって1階の和室で母と弟と3人で寝ています。

 

その晩、母と弟は既に寝ていて、私も寝ようと一旦布団に入りました。

 

ですが、寝る前に何か本を読もうかと、2階の自分の部屋へ取りに行ったのです。

 

本を持って階段を降りようとした時、急に尿意を催して2階のトイレに入りました。

 

そして水を流そうとした時、ドアの向こうから声が聞こえました。

スポンサーリンク

もし、鍵を開けていたら・・・

「お姉ちゃん、おしっこ漏れそう。早く代わって!」

 

弟の声でした。

 

そして、「ドン!ドン!」とドアを叩く音。

 

鍵を掛けていたので開けようとしましたが、ふと妙に思いました。

 

1階にもトイレはあるのに、どうしてわざわざ2階のトイレに?

 

「●●●?(弟の名前)

 

名前を呼んでみましたが、うんともすんとも言わない。

 

そして、もう一つ妙な事に気が付きました。

 

私の家の階段は、歩くと必ず音が出ます。

 

建て付けが悪いのか、どれだけこっそり歩いても「ギシギシ・・・」と。

 

なのに、その音が全く聞こえませんでした。

 

開けようとした鍵に手を掛けたまま、私は固まりました。

 

何かがいる気配はするのです。

 

でも、弟ではない気がして・・・。

 

声も出せませんでした。

 

それに、本当に漏れそうなら再度叫ぶはずです。

 

黙って待っているような子ではありません。

 

私は鍵を開けるのが怖くて、そのままトイレの中でじっとしていました。

 

15分くらい経った頃、気配がふっと消えました。

 

トイレで一晩過ごすのも嫌だったので、ドアをそっと開けました。

 

誰も居ない。

 

階段を降りる音はしなかったので、もし弟が私を驚かせようと2階に隠れているのなら、殴ってやろうと思いながら階段までたどり着きました。

 

弟には会いませんでした。

 

どこかの部屋に隠れているのなら別ですが、2階にいるのが怖かったので、私は探そうとはせずに階段を降りました。

 

深夜なので寝ている家族にも気を遣って、なるべく音を立てないように歩きましたが、やっぱりギシギシ・・・と鳴っていました。

 

和室に入ると、私が部屋を出た時と同じように母と弟が寝ていました。

 

弟は寝たフリなのかと思い、つねったりくすぐったりしましたが爆睡していました。

 

もし、あの声に応じて鍵を開けていたら・・・

 

そう考えると怖くてあまり眠れませんでした。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ