エレベーター内で感じた違和感

エレベーター

 

私はビジネスビルの20階で仕事をしている。

 

昨日の夕方、一日の仕事を終えてエレベーターホールへ向かった。

 

やって来たエレベーターは上の階で乗り込んだ人達ですでにかなり一杯になっていたけれど、なんとか一人乗れるスペースがあったので乗り込んだ。

スポンサーリンク

私の背後の人達全員が・・・

私の立ち位置はちょうどエレベーターの左右の扉の合わせ目の真ん前。

 

扉はピカピカに反射する素材で出来ていて、振り返らなくても自分の背後が見て取れる。

 

途中までは携帯電話で時間を確認していたけれど、ふと違和感を感じて顔を上げてギョッとした。

 

扉に映る私の背後の人達全員が、私をじっと見つめていた。

 

もしかしたら私ではなく、私の前にある扉を見ているのかもしれない。

 

でも私はかなりのチビのため、扉を見ようとするなら私の頭よりも視線が上に向かうはずなんだ。

 

確実に私の背後の人達の視線は私の後頭部あたりに集中していて、扉を見ているとは思えない。

 

冷や汗がどっと出た。

 

怖い。

 

でも振り返れない。

 

乗り込んだ直後から私の右斜め後ろで、乗り合わせた同僚と話している女性の声がしていたけれど、エレベーターの扉に映る人の誰も口を開いたりしていない。

 

ずっと無表情でこちらを見ている。

 

どうして良いのか分からなくて、視線が逸らせずにそのまま背後の視線を目だけで追っていた。

 

ほんの数十秒が、まるで何十分みたいに感じられた。

 

エレベーターが1階に着いて扉が開いた瞬間、ダッシュで飛び出して振り返らないでビルを出たけれど、一体何だったんだ、あれは?!

 

ただの見間違いや白昼夢なら良いんだけれど・・・。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ