何の変哲もない町の写真を眺めていたら

街並み

 

夜の22時頃、風呂上がりに母が撮った写真を見ていました。

 

そこに、何の変哲もない”町の写真”が一枚ありました。

 

私は、「これどこで撮ったの?」と聞きました。

 

私の町には、昔ここらを統治していた将軍様が祀ってある場所があります。

 

その場所はこの町で一番高い所にあり、ある山の頂上です。

 

その山は町の境にもなっており、写真は頂上から見える隣町を撮ったものだそうです。

 

私は「ふ~ん」と言いつつ、しばらくその町の写真を眺めていました。

 

気付いたら、私が見ていた隣町の風景は、写真を通してではなく、実際に自分の目で見ていました。

 

突然のことに、何が起こったのか分かりません。

 

私はいつの間にか崖の縁に立っていたのです。

 

断崖絶壁。

 

落ちたら確実に死。

 

その時、地面が揺れたのか私の体が揺れたのか分かりませんが、崖から落ちてしまいました。

 

足を滑らした瞬間、私は崖にしがみ付き、必死で這い上がりました。

 

一体、何が起こっているのか・・・。

 

泥だらけになって家に帰ると、時刻は朝の6時でした。

 

昨夜の22時からの記憶が全くありません。

 

私はいつのまにか崖の縁に立っていました。

 

父と母に話したところ、とてつもなく驚いていました。

 

もしかして、『将軍様の呪い?』なんでしょうか。

 

町の写真はまだ手元にあります。

 

そして、これは今日あった出来事です。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ