楽しみにしていたクリスマスの日の塾にて

映写機

 

小学生だった頃の話。

 

近所の小さなソロバン塾に通っていた俺は、毎年クリスマスの日の塾を楽しみにしていた。

 

クリスマスの日だけは授業をあまりやらずに、先生が8ミリフィルムの映画を子供たちの為にかけてくれるからだ。

 

アニメが主体で、ディズニー映画やチャップリンの映画などを見せてもらう。

 

それが終わったら、先生がお菓子をみんなに分けてくれる。

 

毎年すごく楽しかった。

 

しかし、小学6年生だったその年は、いつもと様子が違っていた。

スポンサーリンク

逃げるんじゃない!

10畳ぐらいのスペースの小さな教室で、生徒は13人くらい居ただろうか。

 

先生が映写機に8ミリフィルムをセットすると、教室の照明を全部消し、映写が始まる。

 

シャーッという機械の音。

 

手製のスクリーンに光が映る。

 

ところが、いつまで経ってもお目当てのアニメが始まらない。

 

「あれ?おかしいなぁ。ちょっと待っててくれよ」

 

そう先生が言って、何か道具を取りに行くのか教室を出て行った。

 

まだ回りっぱなしの映写機は、真っ白な画面からしばらくすると突然何かを映し出した。

 

女の子だ。

 

同年代くらいの女の子が、元気いっぱいに公園らしき所で遊んでいる。

 

俺たちもよく知っているその女の子。

 

そう、先生の娘さんだ。

 

趣味の8ミリカメラで撮ってあげたものだろう。

 

・・・が、俺たちは急に怖くなった。

 

なぜなら、その女の子は1年程前に病気で亡くなっているからだ。

 

いつもはバカ騒ぎばかりしている俺たち生徒は、一言も喋らず、なにかスクリーンから目を逸らすように俯いている。

 

3分くらい経っただろうか。

 

ようやくフィルムが終わって、映写機が自動的に止まった。

 

レンズからの光も消えて、教室内はまた真っ暗に。

 

一番前の席に座っていた生徒が暗闇に耐えられなくなったのか、席を立って「スイッチどこかな?」と照明のスイッチを探し始めた。

 

そしてこちらを振り返ったその時、後ろの席の方を指差して、泣き声とも叫び声ともつかない声を出しながら教室を走り去った。

 

堰を切ったように、教室にいる全員が無言で出口に向かって走り出した。

 

※堰を切る(せきをきる)

溜まっていたものがどっと溢れ出すさま。こらえていたものが一度に起こる様子。

 

集団ヒステリーというものだと今になって思い込むようにしているが、それでも未だに腑に落ちない事がある。

 

あの時、最後に教室を出た生徒は、出口で物凄い力で先生に腕を掴まれて、「逃げるんじゃない!」と、凄い形相で言われたらしい。

 

それをきっかけに俺はその塾をやめたのだが、その塾は今でも営業している。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ