「佐藤がどこ行ったか知らないか?」

机とイス

 

これは、俺が中学生の時に塾へ通っていた時にあった不可解な体験談。

 

その塾は個人経営の小さな塾で、俺が通っていたA校舎と隣の市のB校舎の2つしかなかった。

 

中学3年の夏休みのこと、2泊3日の勉強合宿があり、長野県辺りで2つの校舎の3年全員が参加した。

 

1日目の昼頃に合宿所に着き、割り当てられた部屋に荷物置いて、昼ご飯を食べてから勉強が始まった。

 

成績毎にクラス分けされていたが、合宿では同じクラスにB校舎の生徒もいたり、先生も1日目はB校舎の人が受け持っていたから新鮮だったのを覚えている。

 

その同じクラスに、佐藤(仮名)という少し暗い生徒がいた。

 

気になって観察していると、休み時間も座っているだけで、授業の始まりの出席確認の時は返事もしない。

 

ただ、B校舎の生徒や先生が特に反応していなかったので、佐藤はそういう奴として受け入れられているんだ、と俺は納得していた。

 

しかし、夕ご飯後の最初の授業の出席確認時、佐藤がいなかった。

 

先生は「佐藤がどこ行ったか知らないか?」と聞いてくるが、みんな「知らない」、「見てない」と答える。

 

すると先生が「それなら同じ部屋の生徒がいたら部屋を見て来てくれ」と言ったのだが、なぜか同じ部屋と名乗り出る生徒はいなかった。

 

俺は、佐藤はB校舎でいじめられているのか?と思った。

 

結局、その時間に授業のない他の先生に佐藤の捜索を頼み、普通に授業は進んだ。

 

そして、休み時間を挟んでその日の最後の授業でのこと。

 

なかなか先生が現れず、始まらなかった。

 

暇を持て余して友達と喋っていると、先生が慌てて部屋に入って来て、「佐藤知らないか?」と聞く。

 

しかし、誰もが「どこ行ったか知らない」、「見てない」と答える。

 

先生「そうじゃない。佐藤という生徒のこと知らないか?」

 

A校舎生徒「知らない」

 

B校舎生徒「知らない」

 

A校舎生徒「え?B校舎の生徒じゃないの?」

 

B校舎生徒「いやいや、A校舎の奴じゃないの?イジメでもしてるの?」

 

次の日、気になっていた俺たちは先生に佐藤のことを聞いたが、何も答えてくれなかった。

 

そうしてそのまま佐藤がいないまま合宿は終わった。

 

~ 以下、後日談に続く ~

スポンサーリンク

後日談

合宿後しばらくして、先生に聞いた話はこうだった。

 

佐藤という生徒は、A校舎にもB校舎にも存在していなかった。

 

なのに、なぜか合宿時のクラスの名簿には載っていて、佐藤という生徒が実際にいたのを他の生徒も先生も見ている。

 

ただ、部屋割りの名簿には佐藤の名前は載っていなかった。

 

A校舎B校舎の生徒が互いに、別の校舎の生徒だと思っていたらしい。

 

この出来事は今でも謎のままになっている。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2022年8月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

【特集】過去の年間ランキング

(2020年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2020年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ