クリスマスツリーに隠された怖い話

クリスマス

 

クリスマスには欠かす事の出来ない存在がクリスマスツリーである。

 

クリスマスツリーの発祥は何なのか。

 

実は、クリスマスツリーには隠された”怖い都市伝説”が存在していた。

 

何百年も昔の話。

 

人々にとって光はとても大切な存在だった。

 

電気が無い時代は夜が長くなる。

 

今では考えられないかもしれないが、夜行性で肉食の野生動物は人間にとって天敵であって、その動物たちが行動する時間が伸びる事はイコール死のリスクが高くなるという事だったのである。

 

その時代に生活する人にとって、冬の到来は恐怖であった。

 

1年で日照時間が最も短くなる期間がある為である。

 

人々は森の精霊たちに祈りを捧げ、光の力を熱望する気持ちの余りある儀式を始めた。

 

大きなモミの木に、生け贄となる幼い子供を吊るし上げて、木を丸ごと燃やしてしまうのである。

 

この儀式がのちのクリスマスツリーの起源となったのはあまり知られていない。

 

クリスマスツリーのライトや人形が意味するものは・・・。

 

考えただけで恐ろしい話である。

 

(終)

出典元:怖話(クリスマスツリー)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ