あるはずのない自分とのチャット

去年の夏頃、

俺が友達のTの部屋にいた時の事。

 

時間は午後の3時くらいだったと思う。

 

友達はネット、俺は漫画を読んで

だらだらしていた。

 

そんな中、突然Tが、

「何だあ?」と声をあげた。

 

「どうした?」

「いや・・・ちょっと画面見てみ」

 

そう言われてディスプレイを覗いてみると、

何の変哲もないホームページが

映し出されていた。

 

右上にはICQのメイン画面がある。

(ICQとは、インスタントメッセンジャーで

今でいうSNSのようなもの)

 

「このページがどうかしたの?」

「違う違う、ICQのとこ!」

 

意味がわからず、視線をそちらに移す。

 

ICQをしてる人ならわかると思うが、

メイン画面にはメッセージを交わす

相手のネームが並んでいる。

 

オンラインの人は青字、

オフラインの人は赤字で。

 

そこでおかしなな事に気付いた。

 

「あれ?何で俺が

オンラインになってんの?」

 

そう、俺のネームが

オンラインの青字の所に並んでいたのだ。

 

「な!変だろ?

さっき上がって来たんだけど」

 

俺がここにいるのに、

俺のQが上がるはずがない。

 

まるでわけがわからない俺とTは、

とりあえず「俺」に向けて

適当なメッセージを送ってみた。

 

俺とTは、この異常な事態が

興奮状態になっていた。

 

しばらくすると返事が返ってきた。

 

勢い込んで見てみると、そこには

送ったメッセージが

そのまま書かれているだけだった。

 

また送ってみても結果は同じ。

 

さすがに気味が悪くなった俺は、

家に電話をしてみた。

 

俺の家は3人家族で、親は共働きなので

この時間、家には誰もいないはずである。

 

案の定、誰も出ずに、

電話はFAXへと切り替わった。

 

こうなったら家に帰るしかない。

「俺、ちょっと家帰るわ」

Tの家から俺の家まで原チャリで15分。

 

当然、家には鍵が掛かっており、

俺の部屋も普段のままだった。

 

パソコンは消えており、

俺はTAの子機で

ネット接続をしているのだが、

それのコンセントも外れたまま。

 

ネットに繋がるはずのない状態だった。

 

パソコンを起動し、

TAのコンセントをつないだ。

 

タスクバーにある、

ICQのアイコンをクリックする。

 

見慣れた起動画面。

 

その途端、 パチン!と音がして、

画面が真っ暗になった。

 

どのキーを押しても、

パソコンはまるで無反応。

 

仕方なく再起動させ、

もう一度、Qを起動させると、

パチン!また画面が黒くなった。

 

もう一度、同じ事を試みたが

結果は同じ。

 

かなり怖くなってきた俺が

Tに電話をしてみると、

俺が出てって10分後くらいに

「俺」は落ちたそうだ。

 

ただし、落ちる前に

「俺」から無言のメッセージが

立て続けに10回くらい来たらしい。

 

電話越しにも、

Tがビビっているのがわかった。

 

その後もQを起動させる度に

同じ状況に陥り、

腹が立ったのでICQ自体を

アンインストールしてしまった。

 

その頃は既に、

身内くらいとしかQをやってなかったので

支障はなかったのだが。

 

ちなみに、それ以外でパソコンに

目立った不具合は生じていない。

 

あの時、ICQをしていた存在が

何だったのか・・・。

 

今思い出しても背筋が寒くなる。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。

ピックアップ③

アクセスランキング

このページの先頭へ