初めて行った銭湯での恐怖体験

銭湯

 

私は貧乏で、古くて小さなアパート暮らしの女。

 

そのアパートにはお風呂は付いていないので、いつも銭湯に行っている。

 

その日、いつも行っている銭湯が休みだったので、少し遠くの別の銭湯に初めて行った。

スポンサーリンク

もう二度とあの銭湯には行かない

浴場には数人のオバちゃんがいて、楽しそうに話し合っていた。

 

そして私は洗髪していると、ふと何かの視線を感じた。

 

洗髪を終えてから顔を上げると、目の前の鏡に知らないお婆さんの横顔が映っていた

 

鏡に映ったそのお婆さんは、横目で私をじっと見ていた。

 

私は本当に死にそうな程ビックリした。

 

人はビックリしすぎると悲鳴も出せないと初めて知った。

 

思わず後ろを振り返ったが、誰もいなかった。

 

それどころか浴場を見渡してみても誰もいなかった。

 

さっきまで喋りまくっていたオバちゃんたちは、みんな更衣室に移動していた。

 

私は再度、目の前の鏡を見たが、今度はちゃんと自分の顔が映っていた。

 

でも、さっきのあれは絶対に見間違えなんかではない。

 

体格や雰囲気も全然違っていたし、頭も白髪だった。

 

それに、しっかりと目も合った。

 

私は慌てて浴場から飛び出た。

 

洗えたのは頭だけで体は洗えなかったが、それどころではなかった。

 

ただ怖い。

 

鏡の中から私を見ていたあのお婆さんは一体誰なんだ?

 

もう二度とあの銭湯には行かない。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ