引っ越したその夜に見た変な夢

人形

 

これは俺が幼少の頃、九州のある県に引っ越した直後に見た夢の話。

 

その県にある母の実家に住むことになった。

 

実家の主であった祖母は他界しており、家はすごく汚かった。

 

引っ越したその夜、家族3人(兄と母)でその家の応接室に川の字になって寝ていた時、すごく変な夢を見た。

スポンサーリンク

呪文を唱える爺さん

越して来たばかりであるこの家の応接室に夜、爺さんが現れて妙な儀式を始めるという夢だ。

 

「#$%&?¥*(変な呪文)オキヨよ出でよ!

 

爺さんは呪文を唱えると、一体の日本人形が出現して家を掃除してくれるのだ。

 

今思い出しても訳が分からない夢だった。

 

昔に見た夢なんかは忘れてしまって当然だと思うが、この夢だけはぼんやりと覚えていた。

 

そして高3の夏、越して来てもう十年も過ぎたある夜のこと。

 

兄の友達が遊びに来て、3人でゲームをしていた。

 

ゲームは応接室に置いてある。

 

ゲームもあらかた遊び尽くし、退屈しのぎにその友達が応接室にある色んな物を手に取ったりして眺めていた。

 

だが、何年も暮らしてきた俺たち兄弟は、今までその部屋に置いてある物になんて一度も興味を持ったことがなかった。

 

部屋を物色している友達を傍らに、俺は兄と2人でゲームをしていた。

 

そんな時、唐突に友達が言う。

 

「おい、この部屋に置いてある日本人形には全部名前が付いてあるぞ!」

 

俺はゲームに夢中であまり聞いていなかったが、兄が答えた。

 

「え?確かに3体置いてあるけど、まさか名前が付いてたなんてねえ」

 

それに対し、友達がこう言う。

 

「ああ。ほら、御雪、御菊、御清って」

 

その時、俺はあの夢を思い出した。

 

『御清』って・・・まさかあのオキヨ?

 

どうしてかは分からないが、背筋が凍った。

 

もうゲームどころではなかった。

 

この家に越して来た夜に見た、あの夢は一体なんだったのだろうか。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2019年11月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

【特集】怖い話ランキング

2018年に投稿した怖い話の中で、閲覧数の多かった話を『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ