電話をすると覚えのある過去の世界へ

電話機

 

これは、『過去に戻ってしまった?』という不思議な体験をした話。

 

俺が高校生の時、母から「昨日、お前から電話がかかってきた。▲▲(住んでいる所)にもうすぐ到着するから、という電話だった。声は確かにお前だった」と言われたことがあった。

 

だが、それは有り得ないのだ。

 

なぜならその時は家で寝ていたのだから。

 

ちなみに、電話がかかってきたのは夜だった。

スポンサーリンク

誰?ほんと誰?え?えっ?

こんな体験をして月日は経過し、高校を卒業して、専門学校も卒業した。

 

そして2年前、『専門学校の同窓会をやる』という通知が届いたので行った。

 

八王子にある某専門学校だったが、実に楽しかった。

 

そして同窓会も終わり、帰る為に特急電車に乗った。

 

もう夜になっていたが、その時はなぜか猛烈に眠くなった。

 

疲れていたせいかなと思ったが、もの凄い眠気でガクンッとなった。

 

その瞬間、眠気が急になくなりスッキリした。

 

電車に変化はないし、おかしな名前の駅に着いたということもない。

 

帰宅報告をする為、乗り換えする駅に到着した時に家に電話をした。

 

すると、「もしもし~」と母の声が耳に飛び込んできた。

 

俺は「えっ!?」となり、混乱した。

 

なぜなら、その時は母は病気で寝たきりになっていたからだ。

 

電話なんかに出れるわけがないのだ。

 

それに元気な声。

 

とりあえず「○○(自分の名前)だけど」と言うと、電話の向こうの母は「○○は寝てるけど・・・誰?ほんと誰?え?えっ?声は○○?こんな夜中にどっか出かけてるの?」と言う。

 

それに対して俺は、「え?俺は八王子の専門学校の同窓会からの帰りで、もうすぐ▲▲に到着するからと言う為に電話したんだけど、かあちゃん病気治ったの?」と聞いた。

 

しかし、電話の向こうの母はますます慌て、「え?八王子?病気?こわいこわいこわい・・・!」と。

 

そしてそのまま一方的に電話が切られた。

 

「何なんだ?」と思ったが、乗り換えする電車が来たので乗り込んだ。

 

そして乗っている最中、また強烈な眠気に襲われた。

 

ガタンゴトンは眠気を誘う。

 

だが、今度はガクンッとならず、しっかりと30分ほど寝れた。

 

気が付くと目的地を伝えるアナウンスが流れていたので、慌てて目的地の駅に降り、家にもう一度電話をしてみた。

 

すると、今度は兄貴が出た。

 

「かあちゃんはどうしてる?」と聞くと、変わらず寝室で寝ているという。

 

とりあえず兄貴に駅まで迎えに来てもらったが、車の中で高校生の時の不思議な体験を思い出し、「あの時のあれって・・・ついさっきの俺か!?」と、かなり動揺した。

 

もしかすると、数分の間だけ過去に飛んでしまったのかもしれない。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2020年8月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

【特集】怖い話ランキング

2018年に投稿した怖い話の中で、閲覧数の多かった話を『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ