その洞穴の中では時間の進み方がまちまちに

洞窟

 

これは、不思議な体験をした友人の話。

 

里帰りした折に、甥っ子を連れて裏山で遊んでいたという。

 

時はまだ“朝方”、霧雨がかかって少しばかり肌寒い。

 

地山が剥き出しになった崖に、立って入れるほどの『洞穴』が開いていた。

 

何気なく入ってみると、五~六メートルも進んだ所で行き止まりとなっている。

 

別に変わったこともないので、すぐに引き返して外に出た。

 

唖然とした。

 

見事な“夕焼け”が視界に飛び込んできたのだ。

 

慌てて甥っ子の名前を呼んで探したが、どこにも見当たらない。

 

一目散に家まで帰ってみると、親たちにこっぴどく叱られた。

 

「小さな子供を放ったらかしにして今まで何処で道草食ってたんだ!」

 

甥っ子が言うには、急に彼の姿が見えなくなり、仕方なく一人で家まで帰ったのだと。

 

事情を説明し、自分にも訳がわからないと主張したが、「言い訳するな!」と一喝された。

 

危なくその日は晩御飯抜きになるところだったそうだ。

 

後に村の幼馴染みに聞いたところ、件の山には『トキタガエの穴』と呼ばれる洞穴があるのだと教えられた。

 

何でも、その中じゃ時間の進み方がまちまちになるって話だよ。長くなったり短くなったり、効果は決まっていないみたいだけどね。最も君が入ったその穴が、本当にトキタガエかどうかはわからないけど」

 

その後しばらくして再び裏山に登ってみた。

 

ただ、あの時に入ったはずの洞穴は、どこにも見つけられなかったという。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2022年12月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

【特集】過去の年間ランキング

(2020年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2020年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ