とある怪奇現象の実験

友達が中学時代の先生から聴いた話。

 

その先生が修学旅行の時に、

話の上手な友達から聞いた怪奇現象。

 

ある日、夢の中で砂漠に出る。

 

砂漠の中を彷徨っていると、

座っている人が見える。

 

その人をよく見ると、自分にソックリ・・・

というか、自分そのものだ。

 

さらに近づくと、

そのもう一人の自分がムクっと顔を上げ、

「変わってくれ」

という。

 

唖然としていると、

もう一人の自分は立ち上がり、

追いかけてくる。

 

砂漠の上を逃げ回っていると、

突然電話ボックスが見える。

 

やっとの思いでそこに逃げ込むと、

自分は家に電話した。

 

すると、母が出て、

あなたは誰?と聞かれる。

 

そこで自分の名前を答えると、

目が覚める。

 

この話を聞いたあと、

本当に夢に出る。

 

その時、手に10円玉を

貼っておかないといけない。

 

しかも、

本当に夢に出た時は、

目が覚めると、

その10円がなくなっているという。

 

これは、その先生が

生徒を実験台にやったらしい。

 

すると、8割方の生徒がその夢を見て、

見た生徒全員の10円がなくなっていた。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。

ピックアップ③

アクセスランキング

このページの先頭へ