プランタン難波にまつわる怪奇な体験談

千日前

 

これは、妹の友達が大学生の時に体験した話。

 

開店当時の『プランタン難波(大阪)』に、彼女は喫茶店のアルバイトの応援にいきました。

 

その日はとても忙しくて、仕事が終わったのは“夜の10時頃”だった。

 

喫茶店があった4階のフロアに残っていたのは彼女と店長だけで、服屋の緑色のカバーだけが目についた。

スポンサーリンク

消えた店長

二人はゴミ袋を持って1階に下りようと思い、唯一動いている業務用のエレベーターを探した。

 

だが、一向にエレベーターも階段も見つからず、目に入るのは服屋のカバーだけだった。

 

角を曲がっても曲がっても緑色のカバーばかり・・・。

 

これも後から考えるとおかしいのだが、途中で4人くらいの人に業務用のエレベータがどこにあるのかを聞いたという。

 

エレべータの場所が分からないのはおかしいと思いながら、疲れているし、帰りたいの一心で、二人は歩き続けたそうだ。

 

そしてようやく彼女が「エレベータだ!」とその前に立った時、後ろにいたはずの店長がいなかった。

 

本来なら待つか捜すかするのだが、彼女はあまりにも疲れていたので、一人でエレベーターに乗り込んで1階のボタンを押すと、中でへたり込んでしまった。

 

エレベーターは1階に着き、やっと帰れると思った彼女が時間を確認すると、なぜか“朝の5時”になっていた。

 

その後、彼女は始発の電車で帰宅したという。

 

翌日に店へ電話をすると、あれから店長はいないという。

 

そして1ヶ月後にバイト代を取りに行った時、「店長は失踪した」ということになっていた。

 

店長はどこへ行ってしまったのか?

 

あの日の夜にあったことをよく考えてみると、エレベーターの場所が分からないのもおかしいが、みんな帰っているはずのフロアに人がいるのもおかしい。

 

もし会うのなら警備員くらいだ。

 

あの時、エレベーターの場所を尋ねた4人の人たちの顔を思い出すと、青白くて瞬きもせず・・・、今でも気持ちが悪い。

 

二人とも疲れていたので、気にしながらも双方が口にしなかったが、とても気持ちの悪い人たちだったそうだ。

 

そして、店長のその後は彼女も知らない。

 

大阪のプランタンといえば、あの大勢の犠牲者が出た千日前デパート火災の跡地に建てられた建物で、火災で亡くなった霊がよく出るらしいという噂がある。

 

元は墓場だったそうだ。

 

あの日、彼女は一体どこを歩いていたのか。

 

そして、店長は一体どこを歩いているのか。

 

ちなみにその場所は、現在ではビッグカメラになっている。

 

※参考

【心霊スポット】大阪なんば千日デパート火災にまつわる怖い話(NAVERまとめへのリンク)

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2020年5月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

【特集】怖い話ランキング

2018年に投稿した怖い話の中で、閲覧数の多かった話を『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ