俺だけに優しく微笑む美人の肖像画

額縁

 

これは、とある肖像画にまつわる不思議で奇妙な話。

 

ウチの母方の祖父母は夫婦揃って絵画を集めるのが趣味で、祖父母の家へ遊びに行った時にはよく見せてもらっていた。

 

無名の作家のモノばかりで高価なモノは無いと笑っていたが。

スポンサーリンク

絵画にも魂が宿る?

その中に、長い金髪の女性の肖像画があったのだが、俺はそれを『優しく微笑んでいる美人の肖像画』と認識していた。

 

だがある日、祖父にそう言うと首を傾げられた。

 

どうやら、俺以外の人は『無表情で冷たい印象を受ける美人の肖像画』と認識していたらしい。

 

気になった祖父が前の持ち主に確認してみたが、特に謂(いわ)れ等はなく、ごくごく普通の絵画という答えしか返ってこなかった。

 

なのでその時は俺の感覚が少しズレているのかな、という結論になった。

 

そしてつい先日、祖父母から「いくつかの絵画を知人や親族に譲ろうと思うから、欲しいのがあったら取りに来なさい」という旨が書かれた手紙と、いくつかの絵画の写真が届いた。

 

その中に例の肖像画の写真も入っていたのだが、昔と違って『冷たい表情の美人』という、他の人と同じような印象を抱いた。

 

ああ、やっぱり子供特有の勘違いだったんだなと思いながらも、何かの縁だろうと例の肖像画を譲り受けることにした。

 

そして祖父母に連絡して取りに行った時に、その肖像画を見て少しだけ背筋に寒いモノが走った。

 

写真で見た時と違い、やはりその肖像画は『優しく微笑んでいる美人の肖像画』だったからだ。

 

人形に魂が宿るというのはよく聞く話だが、絵画にも魂が宿ったりするのだろうか・・・。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2020年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

【特集】怖い話ランキング

2018年に投稿した怖い話の中で、閲覧数の多かった話を『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
アクセスランキング

このページの先頭へ