巨大なキウイのような物体が迫り来る

キウイ

 

これは、長距離トラックの運転手だった父から聞いた話。

 

昭和40年代ぐらいまでは、少し郊外に行けばほとんどが無舗装の道ばかりだったそうで。

 

それはある日の深夜、助手の若い兄ちゃんと共に群馬郊外の直線の続く無舗装道路を走っていた時のこと。

 

急に助手がサイドミラーを怪訝そうに覗き込み始めた。

 

そして、「○○さん・・・、なんか後ろから来てるんですけど・・・」と言う。

 

後ろから来るって車だろうが、それは。

 

そう思いつつもバックミラーを見た父だったが、そこには何も映っていなかった。

スポンサーリンク

背中からは馬のような足が1本

広がるのは暗闇ばかり(街灯もほとんどない田舎の道)で、ふと父もサイドミラーに目をやると、そこには丸くて黄色い物体、それも結構な大きさの物が迫って来ていた

 

何だかよく分からない物体だ。

 

しかも街灯のない暗闇の中、ライトに照らされているわけでもないのに妙にはっきりとその物体だけが見えた、と父の弁。

 

とにかくやり過ごそうと、トラックを脇に寄せてスピードを落とした。

 

その黄色い物体は直径1.5メートル(大人の背丈ぐらいだったらしい)の、表面にびっしりと細かい毛のような物が生えた、例えれば『巨大な黄色のキウイ』が父の目の高さをすり抜けていった。

 

結構な速度で見る見る前方の暗闇に消えていくキウイのような物体。

 

「何ですか?あれ」

 

呆けたような助手の問いに、俺だって分かるわけないだろうがと言う代わりに、再び発進した父のトラック。

 

だが5分も走ると、脇道のないはずの左側から急に先の物体がまたしても暗闇の中に姿を現し、トラックの10メートルほど手前まで接近してきた。

 

父もさすがに怖くなり、徐々にスピードを落としたそうだが、まるでそれに合わせるかのように物体も減速し、間隔が5メートルほどに詰まった。

 

ライトに照らされたせいで、さっきよりも物体の細部が確認できたそうな。

 

丸く黄色い本体の上部、言うなれば背中から馬、もしくは鹿のような蹄の付いた足が1本だけ上向きに生え、しかもその足は狂った指揮者のように不規則にジタバタとせわしなく動いていた。

 

その足の付け根から左下方の本体には、これまた不規則な間隔の大きさもまちまちな穴がいくつも開いている。

 

その穴の正面に陣取る形となった助手は、「・・・この穴、開いたり閉じたりしてますよ。なんか汁まで出てるし・・・」と呟く。

 

後で詳しく聞くと、「まるで呼吸しているような動きだった」そうで。

 

3分ほど追走した父は我に返り、トラックを止めた。

 

物体は何事もなかったかのように再び闇の中へと。

 

父はあまりこの手の話が好きな人ではないのだが、さすがにこの時ばかりは職場の同僚に「こういうものを見てしまった」と告白したそうな。

 

だが、信じない人が必ず「何かと見間違えたんだろ?」と言うことにもかなり腹を立てていた父は、こう言っていた。(長距離トラック運転手は結構この手のものに遭遇経験を持つ人がいるそうで)

 

「直径1.5メートルの丸くて黄色い、背中から馬の足が生えた物。何を見間違えればそう見えるんだ?」と。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2020年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

【特集】怖い話ランキング

2018年に投稿した怖い話の中で、閲覧数の多かった話を『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
アクセスランキング

このページの先頭へ