月1程度でかかってくる奇妙な電話

黒電話

 

今の家に越して来て8年。

 

自宅の電話に、渋いオジサマの声で「あ、ともちゃん?」といきなり尋ねる電話が月1程度で続いています。

 

ナンバーディスプレイで相手の番号は分かっています。

 

「いいえ、違います」と答えると、「ああ、失礼しました」とあっさり切るのですが・・・。

スポンサーリンク

ともちゃんと話がしたいんです

ちなみに夫が出ると、「ともちゃん、いらっしゃるかな?」と尋ねるそうです。

 

夫がその電話を受けた時は、「うちにはともちゃんはいませんよ」と言うのですが、やはり「ああ、それは失礼しました」とあっさり切れるそうです。

 

気になった私と夫は、ある日とうとうその番号にかけてみました。

 

どうせ知られているのだし、と番号通知で。

 

しかし受話器から聞こえてきたのは、『お客様がおかけになった電話番号は現在使われておりません・・・』というアナウンス。

 

それでもオジサマからの電話は相変わらず月1程度でかかってきます。

 

最近は、「あ、ともちゃん?」に対して「はい」と答えたらどうなるのかな?と好奇心が芽生えてきてしまいました。

 

もちろん答えませんが・・・。

 

この奇妙なオジサマからの電話への対応パターンを、夫とあれこれ想定したりしていました。

 

そして昨日、かかってきました。

 

まずはナンバーディスプレイの画面表示で番号を確認し、夫が受話器を取ります。

 

かねてよりの想定通り、受話器を上げた直後に電話機内蔵の機能で録音し始めました。

 

以下は通話の内容です。

 

「もしもし」

 

相手「ともちゃん、いますか?」

 

無言で私に受話器を渡す夫。

 

「もしもし」

 

相手「あ、ともちゃん?」

 

「どちらさまですか?」

 

相手「ともちゃんじゃないのかな?」

 

「そちらはどなた?」

 

相手「ともちゃんと話がしたいんですが」

 

「どなたさまでしょう?」

 

相手「ともちゃんなのかな?ともちゃんじゃないのかな?」

 

傍にあったメモに『らちがあかない』と走り書きして夫に見せると、夫が無言で受話器を取りました。

 

「もしもし」

 

相手「あ、ともちゃん、います?」

 

「あんた、前から何度もかけてきてますけどね、一体なんなんですか?」

 

相手「ともちゃんと話がしたいんです」

 

「そっちの番号は分かってるんですよ。****ー****ですよね?」

 

相手「ともちゃん、いないのかな?」

 

「番号をしっかりと確認してみたらどうですか?」

 

相手「####ー####にかけているんですが」

 

「それは確かにうちの番号です。前から何度も言っていますが、うちにはともちゃんはいません!」

 

相手「そうですか・・・。それは大変、失礼しました・・・。あの・・・」

 

「はい?」

 

相手「ご存知ないですか?ともちゃんの・・・」

 

そこで唐突に通話は切れました。

 

すぐに表示されていた番号に電話をかけてみましたが、『お客様がおかけになった電話番号は・・・』のアナウンスでした。

 

仕方なく今日、自宅の番号変更の手続きをしようと思います。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2020年12月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

【特集】怖い話ランキング

2018年に投稿した怖い話の中で、閲覧数の多かった話を『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
アクセスランキング

このページの先頭へ