昼でも夜でも「出る」と噂のある学校にて

階段

 

これは、俺が中学生の頃の話。

 

クラブ活動の部長だった俺はその日、仲の良い二人の後輩を先に部室から出して戸締りをしていた。

 

先にと言っても数分程度なので、早足で後輩らに追いつき、一緒に下校しようと思っていた。

 

そして戸締りも終わり、部室から出た時だった。

 

廊下の階段の手前で、冬服のセーラー服を着た”おさげ髪の女子”が歩いているのを見つけた。

 

てっきり後輩の一方だと思い、走って追いつこうとした。

 

ちなみに、この学校の階段は以下のようになっている。(大抵どこもほぼ同じだと思うが)

 

3階
踊り場
2階

 

俺はその時、3階からの階段を下りようとしていたら、その女子はちょうど踊り場から2階への階段を下りようしていた。

 

部室は3階にあったので、1階に下りるまでにそれが2回繰り返された。

 

足音がしているんだから上見て足を止めてくれればいいのに、なんて思いつつ追いかけていたら、1階まで下りたところで後輩二人が待っていてくれた。

 

「あれ?ついさっきここ下りて行かなかったっけ?」

 

後輩A「何言ってるんですか~。とっくに階段を下りてここで待ってましたよ?」

 

「じゃあ、誰か下りて来なかった?」

 

後輩B「誰も来ませんでしたけど?」

 

「おっかしぃーなぁ。さっき階段下りていた冬服姿の女子が」

 

後輩A「あの~先輩、何言ってるんですか?だって…」

 

そこでハタと気がついた。

 

季節は6月末、俺も後輩二人も着ているのは夏服だ。

 

それにこの学校の女子の夏服は、セーラー服ではなくてブラウスに吊スカート。

 

冬服のセーラー服を着た女子なんて居るわけがない。

 

もし居たとしても、先に1階で待っていた後輩二人が見かけていないのもおかしい。

 

本当に洒落にならないほど怖かった。

 

もちろん後輩らも怯えてしまった。

 

ただ、この中学校はかなり歴史も建物も古く、そのせいか『昼でも夜でも出る』との噂はあった。

 

長年勤めている先生に話をしてみたところ、こんな答えが返ってきた。

 

「誰も居ない教室から足音がしても笑って済ましてるよ」

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2023年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

【特集】過去の年間ランキング

(2021年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2021年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ